FC2ブログ
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 面倒くさいです。
 もー、イライラしてしょうがありません。
 悩んでいると何だか泣きたくなってくるので、
 考えないことにします。無我の境地へ旅立ちます。

 それにしても。帰るなり流し台で、人間の天敵たる
 大っきなゴキ●リがひっくり返ってもがいておりました。
 (スミマセン、田舎なもので……)
 何やら死に掛けた動きですが、どうせなら倒れる場所を
 考えろよと言ってやりたいです。茶碗、どーやって洗おう……。
 
CATEGORY : 愚痴
追い詰められています
DATE : 2006-06-20-Tue  Trackback 0  Comment 0
 どうやら自分は追い詰められているらしいです。
 どれくらい、暁が追い詰められているかと言うと。
 
 助けてよ
 全てから逃げ出したいんだ
 全部放り出して 自由になりたい
 

 と、昨夜の日記(メモ帳)に書いているほどです。他にも
 
 努力は惜しまないから。一瞬も気を抜かずに頑張るから
 ずっと褒めててよ。あたしのことを。――あたしの全てを。
 

 やら
 
 簡単に
 生きる意味すら見失う
 全てがこの手の中から落ちてゆく
 こんなに容易く壊れてしまう自我ならば
 いっそ無くしてしまえば良い
 

 やら。汚い文字で書き散らしてあります。
 そんな日記の中でも、ベストオブに阿呆な記述が以下
>>Read More
 家族も恋人も友人も、所詮は他人だと。
 過去も想い出も記憶も、所詮は感傷だと。
 そう割り切ってしまえる自分には、何も残らない。
 全てがこの掌から、零れ落ちてしまう。
 
 どうしてこんなに必死に自分を守っているのだろう。
 


 
 何処までも、エゴイスティックに生きたい暁です。
 自分の好きなことしかやりたくないですし、自分の為に生きたい
 のですよ。自由に好き勝手に我が侭に。何処までも自分らしく。
 ――実際、自分の好きなように生きていると思うのですよね。

 ですがどーしてこうも、他人の目を気にするのでしょうか。
 自分を縮めて、他人を攻撃してまで自分を守るのでしょうか。

 結局のところ。
 自分を守るために築いた鉄壁に、自ら囚われています。
 自由に生きていると思っていても、それは狭い世界の中でだけ。
 ――だから見上げる青空は、いつも切り取られているのか。
 
 
 今日もバイトから帰るなり、ぐだぁーっと横になった愚弟が
「(母親が)適当に生姜焼きでも作って食っとけって(言ってた)」
 と。それから「何か飲む?」と聞くので、てっきり、バイトで
 疲れて帰ってきた暁に何か飲み物を出してくれるのかと思いきや、
「――ついでに俺のも
 だそうです(バイトもせずに一日中、暇そうなクセに……)。

 なんかこう。泣きたくなってきましたが、気のせいでしょうか。
 最近、母親が料理をするのを見てない気がするのですけれど……。
 しかも母は家に帰ってくるなり、最近はまっている任天堂DSります。
 テトリスと脳トレです。何が面白いのか、ずっとやっております。
 暁がバイトに行く前に、軽く夕食をとろうとしていたときも、
「あ、今、緑茶淹れるから……。あ、何か炒め物でも作るから……」
 といいつつ、テトリスを離しません。結局、時間も無いので適当に
 食べてバイトへ(テトリスなんて、いつでも出来るでしょうに……)。

 なんかこう。愛情が感じられないのは、気のせいでしょうか。
 父親は相変わらず趣味に走っているのか、姿を見ないし。
 母親も相変わらず趣味に走っているのか、姿を見ないし。
 弟は逆にひたすら引き篭もっており、心配になりますし。
 くそぅ。趣味人を自負する暁が、何だか負けそうです……。
 
 うー、ぐれてやるー!(って歳でも無いのがイタイです(笑))。
 人生に意味なんて無いのに。
 私は、何を求めているのだろう。


 暁は、虚無主義だとか刹那主義だとか無常観だとか、そう言った
 思考の持ち主だと思うのですよ。何事にも意味は無いと思うのです。
 自分が生れ落ちたことに意味なんて無いし、自分が死んでいくことにも
 意味は無い。何かを為すことにも、為さないことにも意味は無い。

 思っているのに、どうしてこんなに生きることが難しいのでしょう。
 何故、色々なことに、色々な思考に捉われてしまうのでしょう。
 色々なことに捉われてしまうからこそ、ニヒリズムに逃げ込むのかも
 しれませんが。――暁は、怖いのですよ。全てが。
 
>>Read More
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。