• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : 未分類
女は生きてるだけで偉いんだから
DATE : 2010-07-07-Wed  Trackback 0  Comment 0
 昔から、男女って不平等だなぁと思っていたのですが(専ら女って損だなぁと
 思っていたのですが)、社会に出てさらにその思いが強くなりました。
 意外と男女って不平等ですね。もっとも、女が損か得かは分かりませんが。

 ◆女性はか弱いと思われている
  ⇒ とりあえず重たい荷物とかは全部持ってくれる。
    しかし、仕事も出来ない上に荷物運びまで上司(や先輩)に
    やられた日には、私の存在意義は何だろうとか考えてしまう。
   ⇒ ちなみに、優遇されないと不機嫌になる女もいる
     そんな女性が「女だから」と女の権利(何の権利だ?)を主張するので
     男は困るんじゃないかなと思う。女も困るんじゃないかなと思う。
    ⇒ ていうかそんくらいの荷物は女だろうが男だろうが運べば良いじゃん。

 ◆女性はいつ辞めるか分からないと思われてる
  ⇒ だから長期的な育成計画を考えた仕事は男の方に回る。
   ⇒ 実際、子供が出来たらいつ休職/退職するか分からないので文句は
     言えないし、結婚して辞める女性はやっぱりそれなりに多い。
    ⇒ 結果、仕事やら何やらに差がつく。
 
 ◆女性なのに、女性だから、と言われる
  ⇒ 「女性なのにばりばり働く」「女性だから仕事が丁寧」という形容自体、
    あんまりピンと来ない。どちらも男女差でなく個人差でしょう。
   ⇒ 一方で「私は女性だけど頑張ってる」と言い張る女性もいる。
     別に女だからって特別な頑張りが必要な仕事でも無いと思うんだけども。

 
 ……て、結局、グチがいっぱいまぎれてますが(笑)。
 結局グチです。すみません。

 確かに男の方に、女性を見下す立場を取る人もたまーにはいますが、それ以上に
 女性の方から「女だから」「女だから」と聞かされることが何気にストレスです。
 「女性は色々と大変なんだから!」「そんな仕事は女にやらせるべきじゃない!」
 と声高に叫ばれても、私が困ります。私はそんなに大変な思いはしてないですし、
 雑用だろうが力仕事だろうが寧ろやりたい。皆が汗をかいて働いてる中、自分達
 だけクーラーの利いた部屋で座ってるなんて真似は出来ない――と思うんですが、
 それは女性の特権らしいです。ああ面倒くさい。


 *ちなみにタイトルの一文は、私が好きな台詞です(笑)。
  矛盾してすみません。
 ここ数ヶ月、仕事をしてる気が全くしません。暁です。
 皆が忙しそうに仕事してる中、何故だか自分のトコだけ局地的に仕事が無いです。何か目に見えない罠でもあるのでしょうか。仕事が私の側だけ避けてってる気がします。もしくは、仕事が降ってこないくらい仕事が出来ないと思われてるのか……(遠い目)。下っ端だからしょうがないとはいえ、皆が忙しそうなときくらいは私も忙しそうにしてたいです(見た目が重要です)。役に立たない我が身が辛い。

 ――いや、だからと言ってもちろん会社にいる間は何かはしてますよ、何かは(笑)。出張もありますし(明日と明後日は急遽出張になりました)、この障害対応しといてーとかこのプログラム解析しといてーとか資料読んで必要書類あつめといてーとか、そんな単発の仕事は付かず離れずあるんですよ。色々な人に「暇ー」と言いふらしてるお陰か、この二ヶ月間ほど、どのPJにも入ってないくせに仕事の無い日が一日も無いです。それは僥倖なことなんですけども。

 なんか遊ばれてると言うか、遊ばされてる気がしてならない昨今です。

 降ってくる仕事の中で一番多いのが、何気にエクセルの作成で。最近、時間があるんでやたらとエクセルの使い方がうまくなってですね(時間がない時はマクロプログラムや条件付書式を組み込むところまで手が回らないんですが)。周囲に重宝がってもらえて、色々と手の込んだ書類やら集計プログラムの作成を依頼されるんですが……なんか本当に必要なんかなそのプログラム、と思います。いや、確かに利便性やら汎用性やら上がって効率的だとは思うんですが、誰かが(というか私が)暇をぶっこいて無かったら、各人が手作業でやるレベルの作業だったりするんですよねぇ。
 
 ほかには調査ごとやら頼まれるんですが、これはこれで私さっぱり分からないんですよねー。いや、もちろん調べたら分かるんですが、一から調べるんですっごい時間かかる。たまには調べ方から分からないから聞くしかない。まあ勉強も兼ねて、ってことだと思ってるんですが、それにしたって「そもそもその調査必要?」って感じのもあってですね。……私のためにわざわざ仕事作ってくれてるんでしょうか。

「こんどの仕事に使うから、この資料みといてー」なんて言われましたが、そうやってまとめてる資料が他にも手元にたくさん……。他にも色々と仕事に役立ちそうな社内セミナーを片っ端から受けてますが、いったいいつ役立つんだろ、これ。


 ――いや、勉強するのは好きですし、「資料読んどいて」なんてのは寧ろ大好物なんですが、それにしたって最近遊ばされてる気がします。暁さん暇そうだからとりあえずそれ見て遊んでてーって。エクセルも作るのすんごい楽しくてですねー(いかに効率的に時間を使って効率化するか、そのバランスが楽しいんですよ)。目を輝かせながら作ってるから、とりあえず何か作って遊んでてーって言われてるだけのような……。

 役に立ってるならぜんぜん問題ないんですが、私のために無理やり仕事を作ってくれてるんじゃないかと思うと何だか申し訳ないです。

 とはいえ、勉強不足で何も出来ないのは事実なので、今のうちに勉強しとかなきゃなんでしょうねぇ。頑張ろう。
CATEGORY : 未分類
大学行ってきました。
DATE : 2010-06-25-Fri  Trackback 0  Comment 0
 めっちゃ久しぶりにパソコンから投稿。どうもお久しぶりです、暁です。
 今日は就職して初めて、大学の研究室に顔を出してみました。二年ぶりです。
 
 就職してからの二年は本当に濃い長い二年だったんですが、大学のキャンパスは泣けるほど何も変わってない。時間がとまったようなあの場所に、タイムスリップしたような気分に――というよりも、何だか自分がすっごい年とった気分になりました。年とるはずです。体脂肪率も増えるはずです(関係ない)。

 ――とはいえ、あんまし感傷にひたるような性分でもないので(未だにデジカメ持ってない人です。思い出なんか何も残ってないです)、キャンパスの話は置いといて。久しぶりに研究室の同輩と会いました。学生の頃から愚痴やら人生観やら色々と聞いてもらってたんですが、今日もどっぷり語ってきてしまいました。私は常々、彼は神父になれるんじゃないかと思ってます(懺悔でも何でも話したくなる、懐の深そうな雰囲気が)。……いや、研究の邪魔してすみません。でもほんと楽しかったです。

 ちなみに研究からの永久逃亡をはかって就職した私とは違い、未だにばりばり研究してる彼は、一種の憧れです。今となっては、自分が完全に研究に向いてなかったことが分かりますが、小さい頃の夢は、何気に研究者だったんですよねぇ。
 今やってる仕事はすんごい楽しいんで今のところは天職じゃないかと思ってるわけですが、夢と言うよりは現実ですね。今の私の夢は、と考えるとびっくりするほど何も無い。将来のビジョンを思い描いても、全て身の丈にあうものしか浮かんできません。そもそも、手が届かないから夢なんだと思ってるリアリストですが、就職してからはなおさら地に足が着いてしまってる気がします。そろそろ地面にめり込んで、抜けられなくなりそうです。

 学生時代は自分が生きる「意義」とか「意味」とか生きてる「理由」とかをいちいち問わないと生きていけなかったんですが、就職してからは、社会のシステムに組み込まれたことで「意義」や「意味」を気にせず安心して生きていけるようになりました。精神的には安定してますが、平和すぎてそろそろ脳が死滅しそうです。悩みがあるのも悩みですが、悩みが無いのも悩みですね。悩ましいです。

 最近、ブログも何も書く気がしなかったんですが、人と話すと、もっと話したくなるみたいです。ほかにも色々と書きたいことはあるんですが、既に六時間睡眠のモットーが一時間ほど削られてるんで、この辺で。駆け足で書いたので乱文、かつオチも無くてすみません。

 とりあえず、真面目と言われましたがぜんぜん真面目じゃないので(考えてることは真面目でも、実際やってることは不真面目です(笑))、もーちょっと真面目に生きてみます。
 最近、将来について考えてしまいます。
 鬼に笑われないように、あんまし先のことは考えないようにしてたんですが、なにせ人生は短いからですねー。そうでなくても、若いうちは短いです。今のうちに何をしなければいけないのか、考えなきゃと思っちゃうわけですよ。不本意なことに。

 男女差別をするつもりはないですが、就職してからやたらと男女の別を考えてしまいます。まあ、女はいつ辞めるか分からないと思われてるとか、どうしても女性蔑視な人がいるとか、逆に女だからって怒られないとか――その辺に関しては、別にどうでも良いのですよ。私自身は、体力とかが関係する仕事じゃない限り、そんなに男女の差は無いと思ってますし、そもそも上司の評価もボーナスの査定等もほとんど興味ないですし。

 ただ実際、結婚して子供を産もう&育てようとして男と同様に働けるかと言われれば、微妙なんですよね。それでも働ける職場はあるんでしょうが、今の環境、今の私のままじゃ厳しい気がする。女性の同僚たちと話していても「そうやって働いていこうと思うなら、少なくとも男以上に仕事が出来なきゃダメだよね」という話になります。いくら男女平等といったって、この不景気下、優秀な換えはいっぱいいますからね。産休とか育児とか介護とか、そんなのに時間を使おうと思ったら、何か「自分でないと」という強みでもない限り、会社では生き残っていけないと思います。となると、どうにか方向性を決めて、強みを作るべく努力しなきゃいけないと思うんですよね。もしくは、会社やら働き方を変えるか。

 女が得だとか損だとか、そんなことを考えるのは馬鹿馬鹿しいので、とにかく自分はどんな形で幸せになりたいのかということを考えなきゃですよね。私は何がやりたいのかなぁとか、何をやるべきなのかなぁとか、その辺を考え出すと何だか憂鬱になるんですが。
 あんまし将来のことは考えたくないです。それこそ馬鹿馬鹿しいんで。


 めちゃめちゃ捻くれていた(世の中で言う「良い子」だった)子供の頃は、何をやるのも楽しくなくて、ひたすら「これが将来のため」とか「きっと神様が見てる」とか「この努力が後で報われる」とうわ言のように呟きながら生きてましたが、報われるはずの未来はいつまで経っても訪れなくて。生きてる今は、いつまで経っても今なんですよ。将来なんて、空想の中にしかない。苦しい今を積み重ねれば、苦しい過去になるだけです。

 ――と悟ったんで、将来について考えるのも努力するのも馬鹿馬鹿しいってスタンスです、私(腐)。だいたい、結婚出来るかも、子供が出来るかも、その前に仕事を首にならないかも、その前に事故か何かで死ぬかも分からないじゃないですか。だから、今、やりたいことをやる。やるべきことがわかっていればそれに注力しますが(結局、私は将来に対しても回り道したくない人です)、分からないならやりたいことをやるしかないです。そしたら、後悔しないですもん。

 と思ってはいるんですが、やっぱ悩むのはやめられないです。
 まあ、最近、あんまし悩まなくなったんで(四六時中常に悩んでた昔に比べれば、ほんと十分の一くらい)、多少は悩んでも良いですけども。悩む時間も惜しいですよねぇ。――結局は時間が惜しいって話かなぁ、これ。

 だらだら失礼しました。
 たまには何かを語ろうと思ったら、こんな話に。昔はもっとぐだぐだと持論を語りたがったのですが、最近はそんな情熱もなくなってしまいました。年だなー。
 GW1日目です。暁です。7連休です。

 友達に彼氏が出来てからというもの、良く予定をドタキャンされます。やはり女は友情よりも彼氏ですよねぇ(笑)。――いや、幸せそうで何よりですが。遊ぶのくらい、いつでも出来ますしねー。

 という訳で、一人で買い物に行って来ました。わたし、ほとんど一人で出歩かないんですが(誰からも誘われなければひたすら家にこもってます)、買い物するなら一人に限ります。何せ自分の興味のある店だけ見れるし、自分の好きな時間に休憩できるし、自分の好きなだけ迷えるし。人に気を使わなくて良いのは楽ですよねー。一人でベンチに座ってご飯食べてると、周りが恋人同士&家族連れ&友人同士ばっかりでちょっと寂しかったですが(笑)。場所柄なのか、一人で歩いている人がほんといないんですよねー。

 最近、ぜんぜん買い物してなかったので色々と買いたいものがあったんですが、結局服をちょろっと買っただけに終わりました。つくづくお金使うの苦手だよなぁ私。なんかぱーっと使いたい。でももったいない。



 拍手のコメント、有難うございます。
 私は正直、血液型が性格を決めるなんて迷信の類だと思ってまして(どうも考え方が堅いらしく、目に見えないものはほとんど信じられないんですよねー)。人をそうした意味で仕分けするつもりは全く無いのですが、不快に思われたのでしたらすみません。配慮にかけまして申し訳ないですー。

 
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。