• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休み初日。
めっちゃ天気が良くて最高です。飛行機日和です。
最近、出張で四時間のバス旅なんかやってるんで、東京までの飛行機なんてかなり近い気がします。ひとっとびです。

昔は夏休みなんて一月も前から指折り数えたもんですが、いまは気付けば夏休み当日。全然ありがたみがありません。年をとったということでしょうか、色々ないみで感動が薄れてる気がします。

たまに空を見上げると、青すぎる空にびっくりするんですが、ふだんは空なんか見上げませんもんねー。星の瞬き然り、きらきらの海然り、山の碧さ然り、です。改めて見ると綺麗なんですが、毎日の生活の中では見流してしまいます。子供のころは、今よりずっっと冷めた性格をしてましたが、それでも、色んなものがきらきらして見えた気がするんだけどなぁ。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。