• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : 未分類
大学行ってきました。
DATE : 2010-06-25-Fri  Trackback 0  Comment 0
 めっちゃ久しぶりにパソコンから投稿。どうもお久しぶりです、暁です。
 今日は就職して初めて、大学の研究室に顔を出してみました。二年ぶりです。
 
 就職してからの二年は本当に濃い長い二年だったんですが、大学のキャンパスは泣けるほど何も変わってない。時間がとまったようなあの場所に、タイムスリップしたような気分に――というよりも、何だか自分がすっごい年とった気分になりました。年とるはずです。体脂肪率も増えるはずです(関係ない)。

 ――とはいえ、あんまし感傷にひたるような性分でもないので(未だにデジカメ持ってない人です。思い出なんか何も残ってないです)、キャンパスの話は置いといて。久しぶりに研究室の同輩と会いました。学生の頃から愚痴やら人生観やら色々と聞いてもらってたんですが、今日もどっぷり語ってきてしまいました。私は常々、彼は神父になれるんじゃないかと思ってます(懺悔でも何でも話したくなる、懐の深そうな雰囲気が)。……いや、研究の邪魔してすみません。でもほんと楽しかったです。

 ちなみに研究からの永久逃亡をはかって就職した私とは違い、未だにばりばり研究してる彼は、一種の憧れです。今となっては、自分が完全に研究に向いてなかったことが分かりますが、小さい頃の夢は、何気に研究者だったんですよねぇ。
 今やってる仕事はすんごい楽しいんで今のところは天職じゃないかと思ってるわけですが、夢と言うよりは現実ですね。今の私の夢は、と考えるとびっくりするほど何も無い。将来のビジョンを思い描いても、全て身の丈にあうものしか浮かんできません。そもそも、手が届かないから夢なんだと思ってるリアリストですが、就職してからはなおさら地に足が着いてしまってる気がします。そろそろ地面にめり込んで、抜けられなくなりそうです。

 学生時代は自分が生きる「意義」とか「意味」とか生きてる「理由」とかをいちいち問わないと生きていけなかったんですが、就職してからは、社会のシステムに組み込まれたことで「意義」や「意味」を気にせず安心して生きていけるようになりました。精神的には安定してますが、平和すぎてそろそろ脳が死滅しそうです。悩みがあるのも悩みですが、悩みが無いのも悩みですね。悩ましいです。

 最近、ブログも何も書く気がしなかったんですが、人と話すと、もっと話したくなるみたいです。ほかにも色々と書きたいことはあるんですが、既に六時間睡眠のモットーが一時間ほど削られてるんで、この辺で。駆け足で書いたので乱文、かつオチも無くてすみません。

 とりあえず、真面目と言われましたがぜんぜん真面目じゃないので(考えてることは真面目でも、実際やってることは不真面目です(笑))、もーちょっと真面目に生きてみます。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。