• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、出張づいてまして。
 だいたい火曜~金曜くらいで出張に出てるんで、その間、ホテル暮らしです。
 泊まってるところは去年から頻繁に利用している綺麗なホテルです。

 良く泊まってるからか、それとも名前が覚えやすいのか、ホテルのフロント
 の方々も顔を覚えてくださってて。今日も、レディースプランを選んでない
 にも関わらず(もっと安いプランがあったので)、アメニティやら何やらが
 盛りだくさんのレディースフロアに部屋を用意してくださろうとしたみたいで

「レディースフロアの○○(←安いプランの部屋)があいてなかったので、
 ○○(←高いプランの部屋)をご用意しました。申し訳ありません」

 といわれました。いやいや、こちらこそ申し訳ありません。
 (正直、レディースフロアにそんなにこだわりないんですが(笑))

 と言うわけで、今回はちょっと高い部屋に泊まってます。
 いつもより広いです、綺麗です、鏡張りです(笑)。おっきな鏡がたくさんです。
 全身が映る鏡があるのは、太った自分を直視せよと言われてるんでしょーか。
 思わず、筋トレしてしまいました(笑)。


 ……いや、それはそうと、広い部屋はちょっと落ち着かないです。
 狭い部屋で良いんだけどなー。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。