• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ふらふらというか、ふわふわというか。
 何もやる気が無いーと言ってうだうだしてたかと思えば、休日に一人でひたすらバッティングしてたり、朝っぱらから人生で初めて電車を乗り過ごしたり、何故か乗り過ごした駅から歩いて会社に行ったり、全く仕事やる気分じゃなくてぼーっとしてたり、行き帰りで読んでる小説の世界から帰って来れなかったり。どれも普段の自分ならやらないことなんで、妙な感じです。やる気が無いわけじゃないんですが、自分でも何がしたいのか良く分かんないです。地に足の着いてない感じとはこういうことか。

 とりあえず、他人と関わりたくないことだけは確かです。毎日、職場の人や友人や家族と楽しくべらべら喋ってるんですが(寧ろいつにも増して喋りすぎてる気がするんですが)、出来れば会いたくない。――そう思って先週の土日は一人で家にこもってたのに、耐え切れなくなって思わず家を飛び出して(一人でラウンドワン)しまいましたが。それを考えると、鬱々としていると言うよりは寧ろ自分をもてあましてるんだと思うんですが(体力をもてあましてるのか?)、だからと言って何かをやれるほど気力が無いです。何もやってないのに、何かが磨り減ってます。

 何やってるんだろう、わたし。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。