• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 走ってる電車の中で飛んでる虫が長年の謎です、暁です。
 あの虫はいったい時速何キロで飛んでるんだろう。


 わたし、どうも昔から頭が固くてですね。
 昔からたまに、十人聞いて十人が理解出来るようなことに躓くんですよねぇ。
 何度も人から説明してもらって、自分でやってみて、それで数日寝かして(放置して)みると(←私の場合、時間を置くことが重要らしいです(笑))ぽんと理解出来たりするんですが、さすがに仕事中にそんな悠長なこと出来ないじゃーないですか。切実に困ってます。

 仕事中、たまーに、全っっっく理解出来ない領域があるんですよ。どう考えても簡単なことなのに(事実、皆は簡単に理解してるのに)、どう考えても理解出来ない。極端な話をすれば、普通なら別に電話の仕組みを知らなくても電話はかけられるんだろうと思うんですが、私の場合、電話の仕組みを理解しないと電話のかけ方すら分からなくなったりするんで困ってます。

 
 そういや、子供の頃から頭が固かったよーな気が。
 地球は誰が何と言おうと四角いんだと信じてました。だって、地球が丸いという説明をなんど受けても、何回考えてみても、子供心に納得できなかったんですよ。子供の頃は、「地球が丸いなんて常識は、皆、マスコミに踊らされてるだけだ」とかたくなに信じておりました(なんて可愛くない子供だ)。
 あの頃は世間の常識を片っ端から疑って、そのくせ自分の中の理論というか常識を全く変えられないでいたような。自己中だったことは間違いないです(自分の常識>世の中の常識)。
 
 ……その名残で、いまだに頭が固いのかなぁ。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。