• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 父が家を出て、私が家を出て、母が家を出た。
 母が帰宅し、私が帰宅してトイレにいったところ、何故か便座が上がってる。

暁 「ねぇ、トイレの便座上げた?」
母 「まさか。そんなわけないでしょ」
暁 「朝、最後にトイレに行ったのって私かマミーよね?」
母 「そりゃそうでしょ。パパが出てった後に起きたんだから」


 ――じゃ、便座を上げたのは一体誰だ。
 (父も昼間に家に帰ってきたりはしてないらしい)

 それを言うと母が、はっとした顔で、
 「そう言えば、帰ってきたら、DSのメモリーカードが裏返しで刺さってるのよー! 
  私は絶対、そんなことしないのに!」

 それは単なる記憶違いじゃ……?(でも母は断固、自分はしてないと言い張る)


 何にせよ、我が家に侵入してトイレの便座を上げ、DSのメモリーカードを
 裏返しにはめた犯人、今なら許してあげるんで正直に出てきてください。
 (……誰がそんなことするんだ)
 
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。