• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここ一週間ほど、ほ~んと胃が痛くてですねー。
 おなかはすくのに食べると吐き気がする。甘いものなんてみたくもない。
 特に起きた後とか午前中がひどく、朝食や昼食がほとんど食べられない。

 そーんな事を言ってると、
 「会社に行きたくないストレスじゃー?」
 と言われました。
 ――が。

 ストレス? ナニソレ。
 
 な生活を送っております。暁です。いっやー、そもそも仕事は楽だし、楽しいし
 人間関係もそこそこ良いし。仕事に行くのは毎日楽しいですよー。


 と言う訳で、毎日、悩まなくてすんでます。そこそこやりがいのある仕事をやって
 るって、私の中ではすっごいポイント高いんですよ。だって、改めて「生きる意味」
 やら「今やってることの意味」を考えなくてすみますもん。

 学生の頃は、
 勉強をしていると「こんなもん将来に役に立たない」「時間がもったいない」
 バイト中は「こんなことしてる場合じゃない」「学生は勉強しなきゃ」「遊ばなきゃ」
 遊んでいると「何やってるんだろ」「他にやらなきゃいけないことがあるのに」
 家事をしてると「こんなのに時間をかけてもったいない」……等等。
 何をしてても後ろめたくってですねー。きっと人より多く学生をやってましたが、
 たぶん、学生って身分が嫌いだったんですよ。親のスネをかじってぬくぬくと
 学校に守られ生活してる感がどーも胃に悪い。「自分がやりたいこと」よりも
 「自分がやるべきこと」「やらなきゃならないこと」を常に考えてた気がします。 

 その点、社会人になると、一応は社会の中で最低限の義務は果たしてる。
 あとは家事でもしてお金も入れて家庭に対しての最低限の義務を果たせば、
 もう、自分の時間を無駄にしよーが遊んで暮らそーが勉強しよーが、勝手に
 しろよーって感じですよ。自由ですよ自由(思いっきり私見です(笑))。
 
 今になって考えると、学生の頃はその「果たすべき最低限の義務」がどこに
 あるか分からなかったんですよねー。「学生は勉強すべき」「学生の頃は遊ぶ
 べき」「バイト等で社会経験を積むべき」「学生とは言え、家の事はすべき」
 ……んで、結局、どれやれば良いの、って感じで。全部重要だとは思うんで
 すが、全部やったら最低限じゃ無いじゃん。1日24時間じゃ足らないよ。

 と言う訳で、仕事を始めて後ろめたい事がかなーり減りまして。
 やー、楽で良いです。
 


 ……結局、胃が痛い原因はさっぱり分かりませんが。
 昨日は昼食も半分ほどしか食べられず、夕飯も仕事で帰りが23時過ぎ食べれ
 なかったので、ちょっとは胃痛が治った気がします(いっつもご飯を食べると胃が
 痛いんですよ)。胃腸にも休肝日のような休胃日が必要なんでしょーか。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。