• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 漫画や映画でよく、

 「すまないな」(←謎の台詞)
 
 とか何とか言って鳩尾を殴って気絶させるシーンがあるじゃないですか。
 他にも首筋に手刀を落として気絶させるとか……その他諸々(一つも思い
 つかなかったですが)。

 あんなんで本当に都合良く気絶するのかよ、とか思ったことありません?
 暁はあります。長年の懸案事項だったのですが(大袈裟)、つい先ほど、
 実証する機会を得ました。


【鳩尾に衝撃を与えて「うっ」と気絶するのか実験開始~】

 準備:ノートパソコン
     推奨PC仕様(VAIO F Light 重さ2.4kg,大きさ14.1型ワイド)

 実証: ①胸の前で水平に赤VAIO(ノーパソ)を抱えます。

     ②そのままドアにパソコンを思いっきりぶつけます。
       このとき、パソコンを抱える角度が非常に重要です。
    
     ③運が良ければ丸みを帯びたパソコンの角が、
       思いっきし鳩尾に入ります。肋骨にも当たらないです。
 
 結果:気絶しませんでした、マル。(←当たり前)。

【~実験終了】


 ……と言う訳で、さっき上記の状況で思いっきし鳩尾を強打しました。

 さすがに気絶はしませんでしたが、痛みがくるよりも先に目の前が
 真っ白になってですね。「あ、これ意外といけるかも」と思いました(何)。
 上手くいけば気絶するかもですよ! ――って、そんな理由で気絶したら
 末代までの恥ですね……。しかも、一人暮らしとかだったら誰にも気付いて
 もらえないという。危険です。

 と言う訳で、皆様、くれぐれも鳩尾は強打されませんようご注意ください。
 (そんな阿呆なひと、わたし以外にそうそういないよ)

 しっかし、何でぶつかったのかなぁ……自室のドアに抱えたパソコンを
 激突させるってなかなか器用ですよねぇ……。パソコン壊れなくて良かった。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。