• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ――何処にも無い

 何が言いたいわけでもないのに、
 何が訴えたいわけでもないのに、

 何かが書きたいと思う。
 無性に。ひたすらに。訴えるための言葉を求める。



 詩を描くのって、本当に難しくないですか??
 暁としてはですね。描く文章の量が少なくなればなるほど、
 難しいのですよ。原稿用紙で100枚の物語を描くよりも10枚、
 1枚の短編を書く方が断然難しいと思うし、10行、1行詩とも
 なれば、もうこれは神の領域です。
 小説を描くよりも詩を書く方が簡単だとも聞くのですが、暁は
 どうも無理です。本当に無理です。だって短いんですもん。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。