• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 ――愚かで卑怯で弱い。
 この三単語で、暁の性質の八割は語れるんじゃないかと思います。
 何が一番愚かって、そんな自分の性質を理解していることで、
 何が一番卑怯って、自分の愚かさを堂々と盾にしている所で、
 何が一番弱いって、そんな自分の卑怯さを認められないこと。

 そんな暁ですので「自分は悪くない!」なんて台詞、口が裂けたって
 吐けません。大抵、というか全てにおいて、自分が少しも悪くない
 ことなんて無いですもん。「運が悪かった」「相手が悪い」「仕方
 が無かった」なんて思えないほどに、自分は努力をしてないと自覚
 してるし、自分は愚かで卑怯だと言う自覚がちゃんとあるんですよねぇ。
 不本意ながら

 この考え自体が愚かしいと自覚しつつ、何ともなりません。
 きっと暁は、凄く自分に期待してて、自分が完璧になれば良い
 思い詰めていて。しっかし根が不真面目&怠け者&自己中なんです。
 その辺に折り合いが付けられていない辺り、まだまだ子供でしょう。
 だからたまには、
自分は悪くない!
 と叫んでみたいものです。心の底から。たぶん、無理ですけど(笑)。
 
 と、何でこんなことを書いているのかと言えば、
 偏に、英語の論文から逃げているのに他なりません(笑)。

 英語の論文は何が嫌って、音楽をかけながら読めないことですよ。
 英語の専門用語を読み解きつつ、日本語の音楽がジャカジャカと
 かかっていたら、すっごく邪魔なんですよねぇ。いえ、日本語の
 教科書を読みながら音楽をかけるのも苦手ですけれど。
 計算だったら、歌いながら踊りながらやれるんですけどねー。
 (いえ、踊るのは嘘でした(汗)。せいぜい、歌に乗りながら)
 
 先日、「日本語を聞きながら英語を読むのが難しいなら、洋楽を
 聴きながらだったら、英語も読める
んじゃ!?」
 なんてワケの解らないことを叫び、AVRIL LAVIGNEの曲をかけながら
 やろうと思ったのですが、――我ながら意味が解りません
 視覚・聴覚から流れ込む英語の奔流に、あっさり溺れました。
 
 ま、今日は大人しく、音楽を聴かずにやります(涙)。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
SATTO | URL | 2006-05-23-Tue 23:09 [EDIT]
lol

「あたしが悪いんじゃないもん!(怒)」

私の決め台詞です…がびーん。
連呼してます。ストリートファイターの百烈キック並みに…
| URL | 2006-05-24-Wed 09:49 [EDIT]

 「はいはい、どうせ私が悪いんですよ」

 ……てな、卑屈な台詞を胸中で呟く暁よりは、ずっと健全だと思われます(笑)。
 それに暁の場合、本当に原因が自分にあるんですよねぇ……困ったことにw

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。