• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 自分を捜す旅って、何だか奇異な感じがします。
 何より、確固たる自我を持った自分がここにいるのに。
 それでも人は、本当の自分を求めて彷徨うのでしょうか。

 暁は良く世界を見失います。
 自分と言う人間が、何処に立っているのかが解らなくなります。
 居場所と言うよりも、生き方のスタンスとして。


 えぇと、毎度毎度、意味の解らない文章をすみません。
 色々な事を、すぐに見失ってしまう暁です。
 研究をしていると、そもそも自分は何をやっているんだろう
 なんて思っちゃうのですよ。研究をしている事自体にも、研究の
 内容にも。前者はともかく、後者はマズいです。解析しながら
 「とりあえず結果は出たけど……これで何が解るんだっけか?」
 なんて呟く事もしばしば(ォィ)。これは頭が悪いとかそんな
 問題以前に、いかに頭を使ってないかっつー問題です。
 そして当然ながら、勉強不足。理論が全く解ってません。
 
 研究発表を前に。担当の教官に、
 「とりあえず結果は色々と出てるんですけど、そもそも暁、
  何をやってるんでしょう?」
 と泣きつくと、
 「……とりあえず、論文を読んでこいよ」
 と言われてしまいました。明後日までという期限付きで。
 解ってるんですよねー。知識が絶対的に足らないって。
 しっかし本日。発表の四日前ですが大丈夫でしょうか?(笑)。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。