• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 飛行機では、いつも窓にしがみついてます。暁です。

 クラスJのシートに座り、出張鞄を持ってかっちりとした白シャツ&スーツを着込んだいかにも“キャリアウーマン♪”な感じの格好にも関わらず、子供のように身を乗り出して目を輝かせて外を見ている変な人がいたらそれはきっと暁です。座席の背にもたれる暇もなく、機内のイヤホンをつけたまま出発前から到着後までずっと窓に張り付いてて(笑)。隣の乗客のおじさまにいつも奇異な視線を向けられてます。

 いっやー、でも本当綺麗なんですよー。
 晴れてる日は、眼下に広がる山や海や川が綺麗でですね。ベトナム国内の飛行機から観た景色に似てるんですよー。日本ってこんなに山ばっかなんだ&自然が多いんだ、と(単に田舎を飛んでるからですが)毎度感動してます。

 曇ってる日はもっと好きでして。行きの便は朝日を浴びた真っ白な雲海が、帰りの便では夕日に染まる真っ赤な雲海がたまりません。羊雲やうろこ雲みたいなのも綺麗なんですよねー。いやもう、いつもほんと心が躍ってます。
 
 飛行機はあまり好きじゃないのですが(あれが何で空を飛ぶのか暁には未だに理解出来ない)、景色には癒されますねー。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。