• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 凍る夜の海鳴り遠く、静けさの
      空をふるわす淡いの色


 
 さざなみに揺れる夜空を彩るは
      さかさのと、さかさまの花
   


 水平に這った街の灯見下ろして、
      夜空のに宣戦布告
      


 ――と言う訳で、真冬の夜の海岸で偶然、花火を見ましたと言う話でした(上のウタで伝わるか(笑))。いや、ロケット花火みたいなのではなく、花火大会ちっくなちゃんとした花火なんですよー。十分くらいやってましたし。こんな真冬にどっかでやってたんかな。なかなか粋な感じで良かったです。


 土日、死ぬほど遊んできました。お陰で今日はふらふらしながら仕事してまして。土日の話は疲れたのでまたいずれー。明日からはまたホテル暮らしです。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。