• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 どーも私ってば偉そうな気がします。暁です。

 4月に新しく新入社員が入ってくるまではピカピカの新入生&職場で文句無しに一番下っ端な私ですが、どーも我ながら偉そうで偉そうで。改善したいと思いつつ、何か偉そうなんですよー(いや、でも相手は選びます(←八方美人))。他の部署に配属された可愛い新入社員たち(同期の方々)とは似ても似つかないです。うちの部署の方々、こんなんが当たってほんとすみません。いやまあ何が偉そうって、

上司 「暁さん、その作業飽きたでしょ」
暁 「まあぶっちゃけ

 みたいな会話が日常茶飯事なあたりです(何様だ暁)。飽きたぜオーラが全開だったらしいです(だって単純作業は苦手なんですよー)。加えて

暁 「ここってこんな感じでやった方が良いですよね?」
上司 「あぁ、そっちの方が断然良いね」
暁 「ですよねぇ……面倒くさっ

 自分で質問しといてこの暴言(何様だ暁)。いや、だってそのやり方の方が良いのは分かってましたが、やっぱり面倒だったんですよ。どーも面倒な作業は苦手でして(みんな苦手でしょうよ)、仕事中は

暁 「この作業、すんごい面倒なんですけど、何か良い方法ありますか」
上司 「俺は知らない」

 みたいな会話が頻発してます(←黙って与えられた仕事をやれない人間)。いや、だって上司から見たら非効率なやり方やってるかもしれないじゃないですか。のほほんと進めるよりも、常に「もっと楽な方法があるはず」「いかに効率良く作業を進めるか」を考えてる方が楽しいですしねー。

 そんなこんなで思い返すと心底失礼なことばかり言ってる気がしますが……いやあ、それもこれも上司への愛ゆえですよ、きっと(笑)。仕事中にくだらない事ばかり言って一緒に笑い転げてくれる上司にフォーリンラブです(二児のパパですが(笑))。「絶対、黙って仕事なんか出来ない」というあたり、すんごい気が合います。

 と言う訳で、

暁 「ほんとやる気無いんで帰ります

 と言っても(←ほんと何様。いや、もちろん定時後は定時後ですが)笑って送り出してくれる上司さま、いつも有難うございます。お蔭様ですんごい楽しく仕事させていただいてますー(実際、仕事内容自体も楽しいんですよねー)。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。