• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 認めてください。


 他人には強い人だと思っていて欲しいくせに、
 自分では弱い人間だと思い込みたい暁です。

 弱い自分を振りかざすことで、怠惰な自分に対する
 免罪符にしたいのですよ。本当は弱いのだけれど、これだけ
 精一杯努力しているのだと自分で思い込みたいのです。
 愚かなのも怠惰なのも。――すべては自分が弱いから。

 とはいえ、他人に弱い人間だと思われるのは困ります(笑)。
 見栄っ張りなのでしょうかね? プライドの高い人間ですので
 完璧な外枠を作りたいのですよ。しっかし小心者なので、外枠
 に合わせた中身を作らないと、と強迫観念にも似た焦りで
 見栄を張って作った外枠に合わせようとするのですよねー。

 弱い自分を晒すほど弱くは無いのですが、
 弱い自分を晒せるほど強くないのです。

 てなわけで。
 暁ってば、弱い人間です。怠惰な人間ではありません。
 研究やレポートもやらずにPCの前にいるのも仕方無いんです。
 と、自分で思い込めれば良いなぁと思います(阿呆か)。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。