• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「きれい」と入れて変換すると「奇麗事」と出てくる暁の携帯。

 なにを予測してるのこの変換機能。
 (漢字変換じゃなく、予測変換が一番に出てくるのがホント鬱陶しいです。
 しかも、全く自分の予測して無い変換ばっか出てきますし)
 いや、奇麗事なんて単語を携帯で吐いた記憶は無いですよ(念のため)。

 と言う訳で、すんごい使い勝手が悪いです。うちの携帯君。
 でもどうせあんまし使わないから、調教する気にもならないです。
 電話代が毎月1500円ほどで収まってるくらいです(←3年間は基本料無料で
 機種代など全て含め)。ずっとバイブ設定なんで、音楽も落とさないですしねー。
 
 なので、携帯するほどのものでもない携帯電話はどうでも良いのですが、
 今さらながらにこの最愛のマイノーパソの文字変換の使い勝手の悪さが
 鼻に付きます。とりあえず、意図したとおりに変換してくれないですし、たまに
 ごく普通の単語すら、妙な所で文字を分割するせいで変換してくれない。
 しかも頻繁に使用する単語や漢字を学習する気配が無いです。

 あー、どうにかならないかなー。前のパソコンと比べて、絶対に作業効率が
 悪いですって。生産性が低いですよー。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。