• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 世を儚みました、今。



 いきなり正気に戻るともうダメですね。
 いつだって酔ってるような……もしくは、夢を見ている気分です。
 ふわふわと現実をさまよって、ふわふわとした夢を見てる。
 好きなものをかき集めて、それで自分を囲ってます。
 幸せな気分に浸っている気分でいられれば、幸せです。
 

 ふと、水を浴びせられたように冷やかな気分になる瞬間があります。
 我に返る。もともと冷めた人間なのかな。それともよーやく現実を
 直視出来るようになるのか。なんか空しいとか切ないとか悲しいとか、
 そんな感情すら抱く気分になりません。冴えていく頭が、すべてを
 放棄していく感じ。
 

 世の中、酔ってしまった人の勝ちですよね。
 早く、熱に浮かされてしまいたい。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。