• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 家から駅まで原チャで10分ほど。電車に乗って12分ほど。
 バス停まで歩いて、それからバスで10分ほど。
 毎日の移動時間です。待ち時間合わせると1時間弱でしょうか。

 最近はバス10分と電車12分の間は、ずっと小説読んでます。
 前は参考書持ってたのですが、最近ちょっと大人になって、自分を
 知りました。(←どーせ見ないので、無駄な努力は止めました)
 お蔭様で時間が過ぎるのがとても早いです。
 毎朝毎朝乗り過ごしそうになり(←集中して読みすぎ)、
 公共交通機関の中で思わずかなり涙ぐんでる(←感情移入しすぎ)
 ほどです。しかし、いつもバスに乗るなり泣きそうって、どんだけ
 感情移入が早いんでしょ。毎日毎日、涙と格闘しながら小説読んでます。
 ……いや、さほど感動するような物語じゃないのですが。
 大抵の物語って泣けません? 暁だけ?

 我ながら、安っぽい涙だなー。でもお手軽で良いでしょ。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。