• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 (以下、愚痴ですグチ) 

 ――いや、暁がロクに日本語を書けていない事は解りましたけども!
 それにしたってレポートの書き直しをさせられる回数が酷いと思います。
 他の人たちはロクにチェックもされていないらしいのに、私のところだけ
 三名ほどの方からのツッコミが段階的に厳しく入ります。

 一人目はやたら細かい所にかなりコダワる方で。
 「この言い回しはこっちの方が」「この助詞が変」などと一文一文に
 ツッコミが。この段階で4回ほど書き直しをさせられたんですが、まあ
 この方は言っている事が理解できるので良いです。確かに暁の文章は
 駄目だなと思い、この時点ではとても反省します。たまにどっちでも
 大差ないやんとか思う箇所もあるですが、まぁ、別に大差ないから
 そっちに合わせときます。長いものに巻かれておけば間違いないです。

 そうして四苦八苦しながら出来上がったレポートを、二人目に回します。
 ですが、二人目は何だか良く解らない方で。
 あんまり釈然としないツッコミばかりが帰ってくるので、釈然としません。
 「この文章とこの文章、繋げた方が解りやすいでしょ」と無理やり一つの
 文章にまとめられてましたが……いや、分けた方が解りやすいと思います。
 と言うか一文が三行くらいに渡ってますがその辺は大丈夫なんですか。
 ……、……、……、……、という形で点ばっかが続いて、いつ終わるんだよ
 と言う感じです。――が、とりあえずそこもあわせるしかないです。だって
 長いものに巻かれとかないと。と言うかその方はチェックだけして去って
 行ったんで、反論出来なかったんですよね。なので全て希望に沿う形で訂正。

 そうしてかなり辟易しながら仕上がったレポートを三人目の方に。
 そして頂いたお言葉 ↓
 「あ、全然ダメ。そもそも文章の組み立てがダメ。全部、書き直してみて」
 ……はい?

 と言う訳で三人目の、発言権マックスの方の鶴の一声で、暁の一週間の
 努力が(レポートを書いた努力と言うよりも、修正をさせられまくった努力)、
 無駄になりました。まぁ、彼の言ってることも解らなくは無いのですが……
 いや、やっぱあんまり解らないかな。彼が何を求めているかは解りましたが、
 どうもねー。さほど感銘は受けないと言うか、あんまり興味ないと言うか。
 
 
 
 だいたい、他人の書いた文章にツッコミ入れるのが間違ってるんですよねー。
 文法がおかしいとか誤字があるとかの訂正は良いと思うのですが、言い回し
 やら表現方法やらはもう、個人の趣味だと思うんですよね。――だからと言って
 別に暁の趣味を尊重しろとは言いませんが、せめてチェックする人を一人にして
 欲しいです。皆、言うことも求めてる事もバラバラすぎて困ります。しかも単に
 その人の好みの問題でしょー。そして、どれも暁の趣味とは合いません。

 と言う訳で、疲れました……。
 文章を書くのがキライじゃなくて良かったと、つくづく思う昨今です。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。