• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 どうも暁は一番大切なところで、物事を投げるクセがあるらしいです(←腐)。
 無駄だと思えるほどに悩みまくった挙句、その場面に直面すると途端に悩むのが
 面倒になるらしく。それまでの努力を全く放棄して運を天に任せる方向に走る
 ようすです。……どんだけ腐ってんだろ、暁。

 概ね自分の好きなように生きてきてると思っているのですが、良く考えて
 みると、やはりそれは結果でしかないかな。自分の道を見つける前に、一度、
 必ず放り投げてるんですよね。「あぁもうどうでも良いやなるようになるって」と
 考える事と、ついでに努力まで放棄して、結果を待つ。思い返してみると、
 暁が今までやってきた人生の選択って、全部こんな感じで決まりました(苦笑)。

 Aの道とBの道。どちらに進めば良いのかひたすらに思い悩んだ挙句、結局、
 (ろくな勉強もせずに試験を受けて)受かったらそっちの道に進めば良いや。
 落ちたらもう一つの道を進めば良いや、みたいな。面接ではとりあえず等身大の
 自分を見せておいて、受かったらそっちで。落ちたら別の方向で良いや。って。
 適当に言いたい事だけ言えば、あとは勝手に相手が決めてくれるだろう、とか。

 いや、別に失敗したときの保険をかけてるわけじゃなく、純粋にどちらの道に
 進めば自分にとって最善なのかを選べないのですよ。しっかし、大抵投げている
 のに意外と合格する(もしくは現実よりも高い理想の)方向に働くのは、暁の日頃
 の行いの賜物でしょうか。それとも意外と皆、さほど物事を真剣に捉えてないのか。
 
 ……何にせよ、だからどんどん腐ってくんですよねぇ。あまり痛い目にあったことが
 無いから。結局。自分で選ばなくても何とかなるや、と思っているのかも。

 ――と言う訳で暁。
 現在進行形では自分の配属の希望を天(会社)に投げております。もー面談で
 自分の言いたい事だけ言えれば、何処に決まっても別に良いや。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
satto | URL | 2008-06-08-Sun 16:36 [EDIT]
適当にやっても、暁はなんでもそつなくできるからだいじょうぶさ。

No title
| URL | 2008-06-08-Sun 17:17 [EDIT]
 おぉ、sattoにそう言われると「そうか!」と思っちゃいますね(←いやいや身の程を知れよ)。
 
 それにしてもsattoの配属先は本当に良さそうな所だね!(←ブログを読んでかなり感動しました)
 暁もそんなところに入れるように、頑張りますー。明日が配属の面談なんだよね。全く何の用意もして無いんですが(苦笑)、えぇと頑張ってきます。

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。