• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「ブログとかHPとかってさぁ……儲かるの?」

 と聞いてきたのは、マイマザーです。
 人にもよるけど普通は儲からないんじゃない、と答えると。
 
 「金にもならないのになんでまた皆、書いてるわけ」

 と言われまして。
 ……いや、何故と言われましても。
 自己表現でしょ自己表現。もしくは自己掲示。
 そう言ったのですが、全く理解ができないと言う顔をされました。

 「金になるなら書いても良いけどさー。いや、面倒くさいけど」

 と言ってましたが、だからそういう問題じゃないんですって。
 と抵抗しまくってましたが結局、意見は平行線のままでした。
 そもそも自己表現と言う概念をわかってもらえないんだもんさ。

 暁なんてもー、「自分は自分は」と訴える自己掲示欲の塊のような
 人間なのに(鬱陶しすぎ)、母は何でまたあんなに自身にも
 他人にも興味ないんだろ。不思議でなりません。

 別に他人に認めてもらえなくとも、自分が解ってりゃ良いじゃん――
 と言うのは激しく正論だとは思うのですが、それでも解って欲しい
 ってのが人情じゃありません? もしくは思春期の気の迷いなのか?
 (←お前は幾つだ)

 同じく、趣味で小説を書いていることについても、
 「おぉ、いずれ印税生活できるように頑張って!」
 と言われますが。いや、だから趣味に金は関係ないですって。
 
 やー、暁ってば訴えたいこといっぱいあるのになー!(欲求不満)
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。