• 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉で有名な街に来てます。家族四人。久々の家族団らんですが、何をすれば良いのやら。

しっかし坊さんが、かなり愉快な人でした! 理不尽な説教を受けながら、笑いをこらえるのに必死で。いやー、宗教人ってあんなんなんかなあ。偏見が入りまくってる言葉で初対面かつじっと列席してただけの暁たちを暗に非難しまくった挙げ句、全く喋りの意図が解らず。
うーん、上司にすれば腹も立つのでしょうが、初対面の坊さんにしては二重丸です。愉快な人でした(笑)。一度、ゆっくり話してみたいなあ。

まあ、また帰って語ります(笑)。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。