• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この暴風雨の中、学校に行った私を褒めてください(笑)。
 原チャリで。一時間かけて。危うく事故りかけました。

 それはともかく(題名にまでしておいて二行で流すなよ(笑))、
 研究で大変大層本当にお世話になっている方から、トルコ土産を
 頂きました。何やら怪しいガラス細工なのですが(失礼な)、
 どうやら“嫉妬を跳ね返す”と言うお守りのようなものらしいです。
 トルコでは、他人からの嫉妬を受けていると、病気になってしまう
 と考えられているのだとか。

 なるほど。暁がしばしば体調を崩していたのは、他人様が暁に
 多大なる嫉妬を向けていたからなのですね!

 ……ゴメンナサイ調子に乗りました、嘘ですスミマセン(汗)。
 実際、少々体調を崩すくらいは甘受しますので、他人から嫉妬を
 されるような大人物になりたいものですねー。

 それでは、以下、バトンに回答しております。
 回してくださった麟姫さん、有難う御座いますね。
 お題で「屍鬼(小野不由美さん著)」を頂きました。
 
 【お題「屍鬼」バトン】

■パソコンまたは本棚に入っている「屍鬼」は?

 パソコンには入ってませんねー。本棚にはとりあえず文庫で全巻(1~5)
 文庫を持っているのに、あまりのはまりぶりにハードカバーも買おうかと
 思ってました(今は思ってませんけれど)。

■今妄想している「屍鬼」は?

 妄想? ……妄想??
 自分が起き上がってしまったら、人を襲うのか否かは命題ですね。
 他人を虐げ、自分が神に見放された存在であると言うことを受け入れて
 生きていける自分とは思えませんが、律子さんのように自分を貫き通す
 ことが出来るとも思えませんねー。世界の為に自分を犠牲に出来るとは
 思えませんが、世界に逆らって生きることも出来ない気がします。
 ……って、これは妄想でしょうか?

■最初に出会った「屍鬼」は?

 小野不由美さんの本の中では、十二国記、東京異聞の次に屍鬼に
 出会いました。質問の意図とは外れましたが。

■特別な思い入れのある「屍鬼」は?

 思い入れのある人物としては、夏野君が大好きです。
 あの達観ぶりは真似できません。瑞々しいまでの真っ直ぐさ。
 もしも彼が起き上がっていたとして、彼はどんな選択をするのか
 見たい気もするし、見たくない気もしますね。
 尾崎の先生も好きです。彼にも共感できますし、逆に、静信の
 立場にも共感できますねー。正反対の二人なのに、自分の中には
 どちらの人間もいる気がします。これが人間の二面性と言う奴か。

■最後にバトンを回したい5人とそれぞれのお題は?

 【誰か、拾ってやってください】(←捨てイヌの入った段ボール箱風)

 
 もう一つ、別のバトンです。

 【心理テストバトン】

次の接続詞に続けて文章を完成させてください。みな独立した文章です☆

①しかし、「願いはあと一歩、届かなかった」
②やがて、「真実が明らかに――」
③ただ、「そうやって生きていけば良いと思っているの?」
④だって、「好奇心って大事じゃない?」
⑤そして、「誰もいなくなる」

次の言葉のあとに言葉を埋めて下さい。

⑥水たまりは、「小さな海なんだって知ってる?」
⑦あの子って、「空ばかり見ているよね」
⑧今日の私は、「いつもと違います」
⑨すこしは、「あの子の気持ちも考えてあげなよ」
⑩涙は、「明日への糧」

 思いついたまま、書き込みましたが。
 以下、解答らしいです。バトンを解答する方は、見ずにやってくださいね。
 反転でお願いします(背景色に合わせるの難しいな(笑))。


『しかし』とはこれまでのことを振り返るときに必ず使います。
つまりこの後に続く言葉は『今までの人生』を象徴します。

『やがて』は近い未来を予想、あるいは予測する時に使います。
あなたが今一番気になる未来…『恋人との行方』を表します。

『ただ』これは後に『…だけ』などが続き、非常に少数なものを語る時に使う接続詞なので、
『一人の時のあなた』の状態がここで浮き彫りにされるでしょう。

『だって』はもちろん言い訳する時の常套句(じょうとうく)です。
あなたが言い訳する時、あなたが知らず知らずのうちに自分の欠点を語っているのです。
人のせいにしてしまおうと言い訳しているはずなのに、実は『あなたの嫌なところ』をさらけだしてしまっているのです。

『そして』は現状を受けて、その延長線上『あなたの老後』がここに映し出されてます。

『水たまり』というのは真実を映す鏡の象徴でもあります。
水たまりをどうとらえるかによってわかるのは『あなたの本当の姿』です。

『あの子』これは他人を指す言葉ですね。
他人に対する言葉は裏返してみれば他人の目に映る自分を意識する言葉でもあるのです。
自分をつくろったり、よく思われたいと願う部分、これは『好きな人の前にいるあなたの態度』です。

『今日の私』、『今日』とあえて限定すると、とてもあらたまった気持ちになります。
でもそこには、無理にとりつくろった偽りの心が含まれていることも事実でしょう。
ここでは『ウソをついている時のあなた』が表れてしまいます。

『すこしは』…出来なくてもいいからわずかでもいいから努力しなくてはと自分を叱咤激励(しったげきれい)するような気持ちをこめたこの言葉から導かれるのはあなたのやる気、つまり、『今年の目標』なのです。

『涙』は喜び、悲しみ、感動とさまざまに揺れ動くあなたの心の代弁者です。
大人への第一歩を踏み出した『初体験の時』の不安や喜びがここでわかります。


 占いや心理テストって、好きです。信じていないのですけれどね。
 幽霊を信じていないくせに、お化け屋敷が好きなようなものです(謎)。
 以下、結果を見ての感想。

 「しかし」……失敬な(笑)。
 「やがて」……意味不明です。真実が明らかになるのでしょうかw
 「ただ」……やばい、意外とこれはピッタリかも。
 「だって」……いや、だから。好奇心は大切だって!
 「そして」……まじですか(笑)。それは悲しいです。
 
 「水たまり」……良く解りませんが、生命の母ですからねー、海は。
 「あの子」……空ばかり見てます、すみません。
 「今日の私」……いや、そんなことを言われても。
 「すこしは」……確かに。常々、目標ではあります。
 「涙」……それは凄いですね(笑)。

 こちらのバトンも、誰か拾ってやってください。
 sattoさん、お暇があれば【心理テスト】の方、如何ですか??
 あららぎさんもお暇だったら是非。

 以上です。麟姫さん、バトン、有難う御座いました。
 調子に乗って二つとも拾ってしまいました~。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。