• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : 旅行記
ベトナム旅行三日目(後)
DATE : 2007-10-10-Wed  Trackback 0  Comment 0
 写真なしでお送りしております、旅行記三日目(後)。
 文章はずっと前にあげてたのですが、後で写真を加えよう
 と保留してたのですよ。しかし、特にこの日の内容に
 即した写真を見つけられず。あまり意味の無い保留でした。
 ……ま、文章のみですが、お暇な方はどーぞ。

 しっかし、今日はいきなり寒いですね!
 一昨日までは半袖な上、扇風機を回してたっつーのに、
 今日は長袖&上着でも寒いです。原チャリには厳しい季節が
 やってまいりました。しかもいきなり風邪でも引いたのか、
 喉が痛い&頭がかなりぼーっとします。
 うーん。やっぱ昨日、ノースリーブ一枚で寝てたのは間違い
 だったか……(当たり前)。
 ベトナム旅行記三日目(後)
 
 メコン川を離れ、ツアーの一環である昼食へと向かいました。
 いかにも高級そうなレストランで、ベトナム(メコンデルタ)名物てんこ盛りです。生春巻きやら揚げ春巻きやら花海鮮鍋、風船餅(風船のように膨らんだ餅)、チャーハンなど。特に、エレファントフィッシュの姿フライが凄かったです。デカイ魚が一匹そのままフライになって出てきてるんですが、すんごい凶暴そうな魚なんですよ。河で見たら絶対怖いです。しかし、食べてみると普通の白身魚でした。生春巻きに入れて食べると美味でした。鍋も味付けがかなり美味しくって。醤油が効いてて、凄く日本的な感じです。

 レストランを出ると、一路、ホテルへ。
 道中、やっぱり豪雨が振り出してきまして。さすが雨季です。道行くバイクたちはやはりカッパを着て疾走しておりますが、二人乗りでも一つのカッパの中に二人が入ってます。後ろの人間、完全にカッパの中に隠れちゃってますが……怖くないんでしょーか。
 こんな風に毎日のように降るスコールは、文明の発展にどんな影響を与えたんだろう――なんてわけの解らないことを本気で考えているうちに、ホテルへ到着。まだ15時くらいだったので外へと行きたかったのですが、雨なので二の足をふみまして。だらだらと部屋でしていたのですが、一時間ほどしてようやく外へ出る決心をしました。
 とりあえず、市場なら屋根もあるから大丈夫だろうと思い、市場まで強行。相変わらず客引きが酷いです。まるで学園祭のよーです。そこで帽子やら(←流石に日中、直射日光を浴びるのが暑くなって)、扇子やらを買って、また時間を潰すために近くのカフェへ。
 そこではチョコレート&コーヒーブレンドと言う謎の飲み物があったので、とりあえず頼んでみました。本当にチョコレートとコーヒーを足して二で割ったよーな味でした。甘かったです。しかしですね、同行者が頼んでいた普通のアイスコーヒーの方が甘いというこの事実(笑)。やー、ベトナムのコーヒーって練乳入りで基本、甘ったるくって。しかし、チョコレートブレンドより甘いとは。恐るべし。

 それから、夕飯を食べるべく、店を探してうろつきまして。
 途中、無駄に立派な庁舎や正教会、統一会堂などをみました。まだ18時だと言うのに、雲があるからか真っ暗で。大きく荘厳な教会とマリア像の背景に、重く黒く垂れ込める雲雲。なんかこう、ホラー映画ならば確実に悪魔が降りてくるだろ的なシチュエーションでした。まるで世界の終わりを思わせるような雰囲気に、テンション上がりまくりです(何故)。
 夕飯は上海コムガーと言うコムガーのお店。
 コムガーと言うのは、味つきのご飯の上に鶏肉が乗ってる料理っぽいです。いやー、これまた美味しくって。ご飯はガーリック風味で、鶏肉はさっとボイルしてあるもの、上にかけるタレが甘い醤油&生姜と言う感じで凄い好みなんですよー。今度、家でも作ろう。

 帰りは市場付近に戻り、夜の露店を散策。
 この日は現地民に混じるべく(ベトナム人は皆がサンダルを履いてる。雨が降るからかな?)、サンダルで移動していたのでかなり歩き疲れました。と言うかベトナムで履いてるスニーカーがかなり楽だということにこの日ようやく気付きまして。
 いや、普段の生活ではあまりスニーカーって履かないんですよ。山道とかでもサンダルやブーツで気にせず移動する人間なので、あまりスニーカーの必要性を考えたことが無かったんですけれど。いやぁ、スニーカー、かなり楽です。考えた人偉いよ。
 と、そんな話はさておき、露店では服を二着ほど買いました。
可愛いんですよー。日本で売ってても全く遜色ない服が、日本では売ってないだろなんて安価で売ってて。そもそも、アジアンな服は大好きなのですよ。買った服を手に、一人でにやけながらホテルへ。
 途中、ホテルの近くのお店でホーチミンの名物だと言うバインミーを買って帰りました。この料理、フランスパンにハムやら野菜やらを挟んだもので。道端とかでも良く売ってて、凄く食べたかったんですよー。夕飯を食べてお腹いっぱいだったというのに、ぺろりと一つたいらげ、ベッドへ。
 翌日は早起きしてホーチミン→ハノイの飛行機に乗らなきゃなので、すんごいビクビクしながら(←寝坊したら大変だし)就寝しました。

 続きは、旅行記4日目へ。
 いつか(笑)、更新します。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。