• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 毎日更新しようと思っていたのですが、
 一日目(前)で早くも挫折してました(笑)。
 昨日、更新すると言っておきながらすみませんー。

 と言うわけで、先日の続きです。
 続きに入れてます。

 しっかし帰国してらこっち、テンションローです。
 ……うー、胃が痛いことばっかだ。
 あー、やっぱベトナムに亡命すべきだったなぁ。
 食べ物美味しかったし。食べ物美味しかったし(笑)。
 
 あー。
 何でこんなに些少なことを思い悩む性分なんだろ。
 別に悩むべき事があるわけじゃー無いんですよ。
 暁の思考回路に掛かれば、何でも悩みになるらしーです。
  
 旅行一日目(後編)
 
 それにしても、ホーチミンは凄いです。
 まさしく聞きしに勝るです。もう、交通量がはんぱないんですよ。大きな道、いっぱいに広がるバイクの群れ。今までの一生分で見たバイク量を一日で見た気がします。車の渋滞は日本でも珍しくないですが、バイクの渋滞は何か凄いです。花火大会の帰り道くらい、人の頭がひしめき合ってます。

IMG_2293.jpg


 しかも交通法規があるのか無いのか、がんがん割り込み&追い抜き。交差点では東西に走るバイクと北南に走るバイクが無造作に交錯しています。混ざり合いまくりです。感動するほどのバイクと車の流動量です。すげぇっす。最早、凄ぇという感想しか抱けません。
 ――が、タクシーを降りた現地のツアーデスク(ホテルの宿泊費などを払いに行ったんです)からホテルまでは、歩きで移動。どうやって対岸へ渡れば良いんだ、と途方に暮れるような大河(道路)を前に、まぢ、命がけでした。
 歩道はあるのですが、バイクが連なるように止まってたり店が張り出してたり現地人がご飯を食べてたりと、まともに歩道なんぞ歩けません。そして何より、車の波が途切れなさすぎて、道が渡れません。日本なら止まって待ってればいつかは渡れるだろうと思うのですが、こちらは待っていたらきっと夜が暮れます。渡れません。しかし、周りを見回せば、現地民は普通にバイクががんがん走ってる道を突き進んでました。すげぇっす。プロです、プロ。
 彼らに倣い、バイクを睨みながらおっかなびっくり道を渡ります。怖いっす。ホテルまで、かなり時間がかかりました。

 ホテルで荷物を置き、いざ、近くを散策。
 もう、凄いです。大通りを歩いていると、皆が、「カモだー! カモが来たぞーー!」なんて視線を向けてきます。10メートル歩けば必ず二人や三人に声をかけられます。
 いたるところにいるバイクタクシー(バイクの後ろに乗せてもらうタクシー。こっち二人組みなんだが、どうやって後ろに乗せる気だ?)は目が合うなり指で値段を合図してきますし、何かものを売ってる人は「ナニが欲シイ?」と話しかけてきます。うっさいです。迂闊にそれに気を取られていると、バイクに轢かれそうになります。これまた命がけです。
 夕飯はガイドブックにも乗っていた店で、牛肉のフォーと揚げ春巻きを食べました。

IMG_2289.jpg


 どちらも、普通に美味しかった(←後日食べたフォー達の方がもっと美味しかったですが)です。飲み物は、聞いたことの無い果物のジュース(←聞いたこと無さすぎて覚えられなかった)があったのでそれを頼み、同行者はアボガドのジュースを頼んでいました。凄いですよねー、アボガドのジュース。何でアボガドをジュースにしようと思うかな、ベトナム人。……いや、でも、思ったよりは美味しかったです。まぁ、思ったよりは。私の頼んだジュースの方が微妙な味でした。なんだったんだろ、あれ。

 ぶらぶらと夜の市場を歩いていると、可愛い服がいっぱいありました。いやー、日本で見る服より、私の好みです。チープで格好良い感じ。見てるだけで楽しくなります。とはいえ、初日なので何も買わずにホテルに退散。……疲れましたー。

 あ、ホテルはすんごい良いホテルでした。部屋は綺麗ですし、フロントのお姉さんはアオザイちっくな服を着てて美人だし(←これ重要)。
……だけど私の英語通じない(涙)。うぅ、なんて言ってるか解らないー、伝わらないー! 二人で身振り手振りで何とか意図を伝えましたが、やっぱ前途多難です。やー、やっぱ難しいっすねぇ、英語。中学なんぞで挫折してる場合じゃなかった(←挫折するの早すぎ)。

 以上、一日目でした。因みに、8日目まで書く予定です(長)。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。