• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 暁の世界は気分によって色を変えます。
 幸せな時は、暗澹たる雲に覆われた空でさえ美しく見え。
 不幸せな時は、抜けるような青空でさえガラスのように薄い。

 何があったから幸せ、何があったから不幸というわけではなく。
 幸せなときに見る世界が幸せなのであって、
 不幸なときに見る世界が不幸そのものなのです。
 何をやっても楽しいときと、何をやってもつまらないとき。
 それは偏に、気分に依ってしまうのですよね。

 基本的には何事も楽しいのですが。
 好きなこともやりたい事も好きな人も多くて。
 それでも気を抜いたら、全てから興味を失ってしまいそうで。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
とうとう出ちゃったね
ゆう | URL | 2006-02-07-Tue 21:38 [EDIT]
うわさは本当だったよ。
http://himitsu.ath.cx/4

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。