• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近のブログのテンションがおかしいと言われたので
 (まぁ、確かに下の記事は軒並みテンションが怪しいな)
 今日は先日の怪しい記事を流すべく、書き込みです。

 それにしてもバイトの休憩中にですね、皆様、財布を出して
 飲み物を買っているのですが。示し合わせたんじゃないかって
 ほど見事に皆、ヴィトンの財布を持ってるんですよねー。
 高校生だろうと主婦の方だろうと、男だろうと女だろうと、
 関係なく。うーん、あの商品にそれほど幅広い購買層に対する
 吸引力なんてものがあるのでしょーか。すげーよヴィトン。

 
 しかし、そのブランドに関わらず、完璧な模造品が安く出回る
 と言う事は、本物も作るのにもさしてコストがかかってない
 という事だ――と、誰かが言っておりましたが。まぁ、偽造品
 より安価だという事はないでしょうが、実際にさしてコストも
 かかってないでしょう。となると、ブランド名と言う+αが
 すんごい純利益を生み出してるという事になりますよねー。
 市場原理に逆らって、安売りをしない、と言う事がブランドを
 保つために必要な事なのでしょう。やー、面白いですよねー。

 良く、偽ブランドが――なんてニュースになってますが、
 暁としては、プロにも見分けが難しいような完璧なレプリカ
 なら別にどっちでも良い気がするんですけれど(←いや勿論、
 生産者の利益を損なうという意味で許し難い犯罪だとは思い
 ますが)。まぁ、ブランド名と言う事に意味があるから
 こそ、本物と言うことに拘らなきゃならないんでしょうけど。

 と、お聞きの通り、ブランドに興味の無い暁です。
 しっかし本当、何故に皆は狙ったように同じ財布を持ってる
 んだろ? うちのバイト先が特殊なのか? それとも何か暁の
 知らないところでそんな決まりでも出来たのか?

 何にせよ、どうせお金を出して買うのなら誰も持ってないよーな
 個性的なヤツにすれば良いのに、と暁などは思うのですが。
 ――とはいえ、まぁ、それも所詮は価値観の一つか。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。