• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ――さっさと寝ろよ。
 と言う母の視線に負け、床に付いたのは23時頃なのですが。

 ひたすら
 「耳が痛いー! 痛いー! 寧ろ頭も痛いー!」
 と何やら痛みで目が覚めました、暁です。
 しばらくごろごろしてたのですが、どうにも眠れず。
 こそこそとリビングに下りてきました。暁です。

 やべー、眠れぬ夜は何をして過ごせば良いんだ。
 ――なんて言いながらとりあえずPCの電源をいれ、
 ネット上を流離っておる暁です。
 
 うーん。何だ、耳の痛みには何か効く薬はあるのか?
 所謂・解熱鎮静剤はとりあえず痛み止めにはなるのかなぁ?
 半分は優しさで出来てる薬でも探してみようかな……。
 寧ろ、副作用で眠くなる薬でもウェルカムです。
 早く寝て、早く病院に行きたいんです。
 うー、病院嫌い・薬嫌いな暁が、こんな台詞を吐くとは。

 と。
 いちいち報告すみません(笑)。
 体調が悪い時は「きついよー!」と色々と騒ぎ立てる
 のが暁の悪癖でして。きっとスイさまの夢に現れた38度の
 体温計を差し出してきたと言う謎の人物も、暁ですよー(笑)。
 
 あー、薬。
 何でも良いから薬、無いかな。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。