• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 理由はそれで、ちょうどおよそ10本の線の日本語を英語に翻訳するために、それほど時間がかかります?

 上の謎の日本語は、
「たかが十行の日本語を英文に直すのに、何故、そんなに時間がかかるんだ」
 と言う日本語を翻訳機に突っ込んで英訳し、次にそれを
 日本語訳したものです。頼むから、自分でやった英訳に
 もー少し責任を持ってくださいー!(←翻訳機にツッコミ)
 こっちは100%、翻訳された英語をアテにしてるのにっ!

 っと、前置きが長くなりましたが。
 日本語で書いた要約を、yahooの翻訳さまさまの力を借りて
 英語に直している途中の暁です。いや、意外と日本語→英語
 は巧く行ってる気がするんですよ。ですがそれを英語→日本語
 にすると、途端に意味が解らなくなる。

 と言う事は、実は日本語→英語も、暁が気付いてないだけで
 酷い英語だったりするのでしょうか。……うーん。
 日本語だったら、多少下手な日本語を使おうと、「読めれば
 良いのよ読めれば」と言えますが、英語だったら口が裂けても
 言えないですねぇ。読めるかどうかも謎ですもん。
 うーん。これは提出できるのか……?
 
 
 しっかし、昔はこれでも英語は書いていたのですよー。
 中学~高校くらいの頃、何故か急に「海外文通」なんてものに
 憧れて、何カ国かの人と文通してたことがあります。
 エジプトの人とか。中国の人とか。オーストラリアの人とか。
 ニュージーランドの人とか。……あとは忘れましたけれど、
 何か暁の好きな国ばかりを選んでた気がします。

 いやー、あの頃、どーやって英語書いてたんだろ。
 明らかに下手だっただろうに、全く気にせず文章を書いて
 ましたからねぇ。若いって素敵です(笑)。
 まぁ、相手の人に通じてたかどうかはかなり謎ですが(苦笑)。


 しっかし、やはり英語は大嫌いです。
 一生、避けて通ってやる!っと明言していたのにも関わらず、
 何故か全く避けて通れません。人生は何処で狂ったのでしょう。
 うー、やはり英語は勉強すべきなのか……。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ぷくく。
SATTO | URL | 2007-07-12-Thu 23:13 [EDIT]
それは、あれだ。
翻訳サイトが認識できないほどにパンチの効いた日本語を用いているからだ(ニヤリ)

って失礼!(笑)
でも、私は日本語→英語の方が嫌い。
だって、翻訳サイト以下の英文書いている可能性、大ですものlol
くっ……
| URL | 2007-07-13-Fri 19:54 [EDIT]
 やはりそうか……日本語にパンチが効きすぎてるのか(笑)。
 ってまぁ、暁の英語もパンチが効きすぎてますが(涙)。

 日本語→英語の方は、英語がわからないから、ぱっと見で
 「お、意外とまともな英語になったじゃん☆」
 と思うんだよー(笑)。
 
 ――っていうか、satto、翻訳サイトなんて必要なの!?

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。