• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 研究室でかなり盛り上がっておりましたが、
 昨夜、深夜にあっていた映画がかなりヒットでした。

 もー凄いんですよ、あれ! ハリウッドらしい
 妙に科学的(SF的?)な人類滅亡なパニック映画で。
 太陽の爆発が地球にぶち当たり、それがオゾンホールから
 大気圏に侵入して、大気圏が炎上し地球は火の海に――
 なんて陳腐……もとい、壮大なストーリーなんですが。

 元NASAの天才科学者達が真顔で「このままじゃ地球は……!」
 などと議論している中、見てるこちらは笑いが止まりません。
 もー、あまりに現実感の無さ過ぎる超非科学考証が、
 見ていていっそ気持ち良いほどです。面白かったです(ォィ)。

 いやもー暁ってば、地球科学を勉強している人の中でも、
 とりわけ頭が悪い&知識が無い人間だと自負しておりますが、
 それでも毎度、ツッコミどころ多すぎです。ハリウッド。
 災害として、隕石だの地磁気だの太陽風だのと色々と出して
 きますが、なーんかもう、現実的には絶対有り得ないでしょ、
 ってのが多すぎなんですよねー。いやー、凄いです。力技です。
 何かもう、展開も何もかもをねじ伏せるあの力、羨ましいです。
 
 っと、勝手なことを言っておりますが。
 でも凄いと思うんですよねー、あれ。科学的に考えれば
 どえらい設定にしておりますが、「辻褄を合わせる」と言う
 ことを考えれば、凄いです。だって辻褄があってますもん。
 いや、科学的には全く合ってないのですが! でも体裁だけは。
 
 こう、いかに「見せ場」を作るか、と言う点を一番に考えて
 いるのがひしひしと伝わってきます。まず「見せ場」となる
 「派手な展開」「派手な設定」「派手な映像」があって、
 その上でそれらをどのように繋ぎ合わせるか――と言うことを
 考えた場合、少々展開に無理があろうが科学的に難があろうが
 あれが最善な気がするのですよ。とりあえず、ぱっと聞いた限り
 さして変じゃないし。見せ場はちゃんと見せようとしてるし。

 基本的に、整合性の無い物語は嫌いなのですが、
 ハリウッド映画などを見ていると、寧ろあの強引さですら
 「良くあれをまとめたな」と感心してしまいます。
 
 暁なんて小説を書いている時はもー、細かい齟齬が気になって
 先に進めなくなりますし、設定も悪い意味で常識の範囲内
 (独創力ナシ)に留まってしまいますし。

 うーん。あの問答無用なエンターテインメント性、
 ちょっとは(←ちょっとだけ(笑))見習いたいです。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
太陽一撃(無理やり邦題)
SATTO | URL | 2007-06-23-Sat 00:49 [EDIT]
是非見たい!!!!
絶対みたい!!
そして私のゼミ発表はその映画を延々と(笑)

は!やっぱ無理やり邦題は、太陽『拳』かいな!!!
是非(笑)
| URL | 2007-06-23-Sat 15:57 [EDIT]
 ゼミで延々と流していただきたい……!
 っていうか、暁のゼミネタとして使いたい(笑)!

 しかも太陽『拳』って……最高すぎ(笑)。
 かなり笑っちゃいましたー。流石、satto!

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。