• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この弱さは、自らの罪なのでしょうか。
今までの人生のツケ? それとも自分の努力が足りないの?

死んでしまいたい、だなんて言うと周りが困ることは解ってるけれど。
そんな大袈裟なことじゃなく、ただ、逃げたいだけなのですよ。
きっと死ぬまで、自分は自分に追い詰められ続けるから。

未来に対する希望なんて、不安に比べたらあまりに小さすぎる。

とは言え、暁。
憎まれっ子世にはばかるとばかりに、百歳まで生きる予定ですので。
皆様、どーぞ末長く宜しくお願いします。

……いつも、愚痴をすみません。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。