• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 振り返る 過去はいつでも 色褪せて 君と見た夕 陽だけが赤い
 
 甘えたがりーで甘ったれな人間のくせに、甘えるのが苦手です。
 甘えた事ばかりを言っている自分は振り返るといつも苦くって、
 いつも甘えてしまう甘ったれで弱い自分が嫌いすぎて、振り返る
 過去が全て苦いものになってしまいます。
 
 だから甘えても良いと思える相手と一緒に居た時間だけが、
 唯一、苦くない過去なのかも。

 
 ……っと、いつも唐突かつ訳の解らない書き込みすみません。
 
 そー言えば昨日はエイプリルフールですよねー。
 ネット上では色々と楽しいネタを有難う御座います。
 流石、エンターテイナーですねー! 皆様。
 しっかしオフでは誰も騙してくれなくって。つーまーらーなーいー。
 ビックリするの、大好きなのに!

 と。どーも周りの人間がサービス精神に乏しい(←誰もビックリ
 させてくれない)ことを憂いたのか、奴がビックリさせてくれました。
 奴です奴。その名も先日家に居た枯れ草色のバッタ!
 奴を恐れて家まで飛び出た暁ですが、数日経てば存在なんて忘れて
 ましたよっ。家に帰ってきてからもずっと姿を見なかったですもの。
 しかしきっとそれも奴の布石だったのでしょー。

 奴は暁たちがわざわざ夕食を食べている瞬間を狙って、いきなり
 天井から羽ばたいてきましたよ。何だか妙なスローモーションで、
 わさわさと羽ばたきながら、わざわざ暁の手元に着地です。
 何故か狙ったようにお椀の中にばさっと入ってまいりまして。
 
 もー、絶叫しながら弟と共に箸を持ったまま炬燵から転げ出ましたよっ。
 ――なっんっでアンタはそう、わざわざ暁を驚かせようとするのさっ!

 ……何か解りませんが、暁のブログって虫の出現率高いですね。
 う。いつも本当に申し訳ありません。しっかし何故か誰も同情して
 くれないので(悲)、せめてここで叫んで憂さを晴らさねば!
 
 乱文、失礼しましたー(本当に)。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
| URL | 2007-04-03-Tue 18:56 [EDIT]
 ひろこさん、こんにちは。
 手本になるようなブログではありませんが、お言葉嬉しいです。
 コメント有難う御座いますね。

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。