• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いつまでも 心を焦がす 後悔に いっそこの身も 焼いてしまえば


 自殺願望は無いのですが。
 消えてしまいたい、と思うレベルが多分、人よりかなり低いです。
 いや。消してしまいたい、かな。
 過去の積み重ねで自分が出来ていることは知っていますが、
 どうせ後悔しか浮かばないのなら、
 過去なんて自分と共に全て消えてしまって良いのに。
 
 ……なーんでこんなに弱いんだろ、自分。
 

 とまぁ、今日も元気に生きております(?)、暁です。
 しっかし生ぬるい陽気ですねぇー。気付けばもう三月も終わりですよ。
 光陰矢のごとし。死期に一歩ずつ近づいていく感じが怖いっすねぇ。
 いやもー、人生ってば長いようで短くって。
 「人生は短いから一生懸命やる&楽しめるだけ楽しむ!」
 とずっと走り続けていられるほど、短くも無いのですが。色々な
 ことに挑戦し続けることが出来るほど、長くも無いよーな。
 友人に「人生はハードル走みたいなもんだ。飛ぶときだけ飛んで、
 あとは適当に長しときゃ良いのよ――」と言ってた方がいたのですが、
 本当にそんな感じかもしれませんねー。
 しっかしその友人、かなり大好きだったのですが、音信不通だし。
 うーん。一期一会だ。

 ……って支離滅裂なブログをスミマセン。支離滅裂な気分なのですよ。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。