• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 っとしてるらしいです。昨今の暁。
 履歴書(エントリーシート)で「出身小学校は?」と聞かれ、

 「出身小学? ○○小学? いや、それは出身中学か。んん? 中学?
  中学って××中学じゃなかったっけ? あれ? 小学? んんん?」

 と。真剣に考えていた暁です。
 脳が腐りつつあるよーです。元々、記憶力が悪いと言うか酷いというか
 そもそも記憶力なんて代物が暁に存在するのか?ってくらいですが。
 「中学の頃、修学旅行一緒に行ったよねー」「高校で、一緒のクラスだったよねー」
 とか。……皆さん、何で覚えてるんですか?(てか、何で忘れんだ、暁)
 
 あー、それにしてもエントリーシート。手書きなのが面倒でなりません!
 どうせパソコンで下書きするんだから、そのまま提出させてくれれば良いじゃん。
 しかも文章にはいつも頭を捻っておりますしー。「何故、当社を希望するのか」
 なんて、「滑り止めです」と書いてやりたいくらいです(確実に落ちるな)。

 しっかし小説を書くことで散々練習した文章力を実生活で発揮できる機会など、
 今だけですよね。ふふふ、完璧な人格を作り上げ(ォィ)、完璧なエントリーシート
 を書いてやるっ(←エントリーシートが面倒すぎて、ヤケクソ)。

 あー、今日もまた、何処ぞの企業に乗り込んできます。行ってきます。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。