• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 結局、自分の望む返答だけを、相手に望んでおります。
 苦言や諌言など、欲しくは無いのです。
 慰めの言葉も肯定の言葉も、煩わしいだけなのですよ。
 自分が望むような言葉で、自分が欲している態度を示してほしい。

 上辺だけの言葉を恐れておきながら、本音を何より欲しながら、
 結局、暁が望んでいるのは自分の思い通りの反応だけなのですよね。
 自分だけの世界で、温々と暮らしているのが理想なのです。
 他人など、煩わしいだけ。
 愛すれば愛するほど、自分の理想を押し付けたくなるし、だからと言って
 自分の思い通りの反応を押し付けた所で、後悔するだけなのですよ。
 自分の意思で動かせる他人など、自らと何ら変わりはしませんから。


 ……と、鬱々としている暁です。
 どうやら暁ってば、色々な事を考えすぎてしまうらしいです。
 妙な所で潔癖なのか、それとも単なる完璧主義者なのか、自分の悪感情を
 認められないのですよ。常に他人の幸せを願って、他人の為に身を砕いて、
 常に自分を磨き精進して、皆を愛し誰からも愛される自分と言うもので
 なければならないらしいです、暁ってば。そうなれない自分……例えば
 上で書いたように他人に自分の望みを押し付けたいような自分が、
 多分、許せないのですよ。誰よりも我が侭で欲張りなのに、それを見せる
 ことなど出来やしない。それどころか、そんな感情を抱いてしまうこと
 さえ、自分がダメな人間なのではないかと失望してしまうのですよ。

 それでも何とか、自分の中でだけなら完結出来るのです。
 しかし他人が関わってくると、どうすれば良いのか解らなくなるのですよ。
 完璧に振る舞いたいと思っても、相手が何を望んでいるのかが解らない。
 だからと言って自分勝手に振る舞っていると、嫌われそうで怖い。
 だからと言って自分を偽って振る舞っていても、嫌われそうで怖い。
 そして、そもそもが怠惰な人間だから、それらが煩わしくてならない。
 せめて懸命に振る舞っていれば、他人に嫌われてもしょうがないと
 言えるのにその努力をしない自分が許せなくてならない。

 そして結局、表には出せずにこんな所で愚痴っている自分が情けなく。
 こうして言い訳をすることで、自分と他人に対して申し開きをしている
 自分が許せなくて。そんな自分を解ってもらいたい、と言う自己顕示欲が
 愚かでならないと思うのですよね。

 せめて潔癖か怠惰かどちらかにして欲しい。我が侭か小心者かも、
 厭人か寂しがりやかも、どっちかになれば面倒くさく無くて良いのに。
 いっそのこと、自己の感情分析など出来ないほどに愚かになるか、
 我が侭を言っても気づかないほどに鈍くなるか、他人とかかわり合えない
 ほど、不器用になっても良いのですが。どれも中途半端で困ります。

 社会に適合出来ないというよりは、自分自身と適合出来ないのですよね。
 昔よりはだいぶ、自分と折り合いがつくようになってきましたが、
 まだまだ子供なようです。……ま、40歳で不惑と呼ぶくらいですし、
 もうしばらくはせいぜい惑い続けましょーか。

 っと、鬱陶しいブログを失礼しました。
 とりあえず、矛盾した感情が沢山ある御陰で、小説で楽に複数の人間が
 書けるという点では、良しとしましょう。……それを言うならば、更に
 感情や理論の選択肢を増やしたいくらいですけれどね。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。