• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永遠の 眠りに酔って いたいのに 起きたじゃねぇか 王子のバカめ
  by 白雪姫or眠り姫

……結局、暁の行き着く所はここなのか? って感じの短歌。
真面目に短歌を考えてたのに、どーしてこんな歌しか浮かばんかな、暁。

白馬に乗った王子様。
女の妄想なのか、それとも男尊女卑な男の象徴なのかは知りませんが、姫は眠いんです。世界を生きるよりも、夢の世界で安らかに生きる方がずっと楽なんです。起こさないでください。

ってなワケで、眠たい暁でした。
春眠暁を覚えませんものね?(何だそれ)
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
| | 2007-02-23-Fri 13:30 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
望月さまへ
| URL | 2007-02-23-Fri 20:12 [EDIT]
 あはは、面白いといっていただけて嬉しいです(笑)
 本当に最近は暖かくって、眠たくなりますよねー。
 しっかし何でそんなにひょいひょいと素敵な短歌が
 浮かぶのでしょう。かなり羨ましいですー!

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。