• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 教授に昨日、呼び止められました。
 「あぁちょっと待って、暁さん。……ん? 君、暁さんだよね?」
 ――って、未だ名前、覚えてくださっていないのですか?
 なんかもー、さして人も多くない研究室で丸二年は顔を合わせてますけど。

 とは言え、教授は良いです。名前なんて忘れられても、寧ろ大歓迎ですし(笑)。
 しっかし毎度毎度、皆様が暁の名前の漢字を間違えるのってどーなのさ。
 しかもちょっと間違える、と言うレベルじゃなく、全然違う漢字なのですよ。
 しかも別に、珍しい名前でもないし! いたって普通なのにっ。

 バイトももーすぐ一年になりますが、未だに漢字の表記が合っているのは
 二回に一度くらいですし、そもそも本社から送られてくる給与明細にすら
 間違った漢字で登録してありますし(←指摘したのに直す気配なし)。
 研究室から回ってくるメールでも、半分ほどは間違ってますし。
 昔、頂いた賞状とかですら、違う漢字が表記してありましたし。
 寄せ書きを頂いても、誰かは間違ってますし。小さいころ、数年間通って
 いた習字教室の先生が最後に書いてくれた暁の名前が間違っていましたし。

 パソコンなどなら変換ミスかとも思いますが、手書きで間違えるってどーよ。
 正しい漢字の方が画数は少ないし簡単だし書きやすいでしょーに。
 と、以前は全く気にしていなかったのですが、最近では間違いのあまりの
 多さに(二日に一回は違う方の漢字で書かれた自分の名前を目にします)
 だんだん悲しくなってきました。

 ――いいさいいさ、所詮みんな、暁のことなんて見てないのさ(拗)。
 
 
 話は変わりますが、やる気が起きません(笑)。
 発表の予行で燃え尽きました。……と言うか、もう本番が終わった
 ような気分です(笑)。まぁ、予行からさして変えるつもりもないので
 良いのですが。……あぁ、でも、三分ほど短縮しないとヤバイですね。
 
 ま、とりあえず発表が終わったら、就活と学校でやっておる太陽やら
 宇宙やらの説明のHP作りに勤しみます。教授からは「とりあえず、
 これやって」と研究の命題を色々積まれましたが、ま、それはいずれ(笑)。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。