• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ……昨日、言葉遣いを改めると言っていた阿呆は何処のどなたかしら。
 と。タイトルから破ってしまいました。――が、きっと理由を聞けば、
 誰もが納得誰もが共感、ついつい「くっそ」と毒づきたくなる気持ち、
 解っていただけると思います!(←何か、前にも増して酷い口調だな)

 とりあえずですね。大前提として、暁は料理は嫌いじゃないです。
 しっかし暁。疲れたのですよー。今日も今日とて朝からバイトですし、
 今日はこれから学校に行って、データを80例ほど取り直さねばならぬのです。

 しかも何やら今日は、父の誕生日らしいのですよ。
 しっかし母は毎度、どこぞへと旅立って(遊びに行って)おり、
 「夕飯、家に何も材料ないけど、よろしく(ハート)」
 なんてメールが入ってたのです。先日まで携帯で電話もかけられなかった
 母が、絵文字を使うなどと言う芸当。妙なことに感動しつつも、こんな時だけ
 ハートマークをつけるのはどーなのよ母、とか思ってみたりしてみました。
 
 まぁしかし。とりあえず了承とのメールを返し、父も夕飯を食べるとの
 ことで、「誕生日くらいは真面目に料理を作ってやるか」と真面目に手抜き
 料理。そもそも好き嫌いの激しい幼児並みの味覚をしている父に、
 何を作れば良いのかと思案し、「ま、数打てばどれか当たるだろ」と
 とりあえず品数を増やすことに(安易)いたしました。汁物も合わせると
 計六品ほど。……まぁ、料理も作りつかれたし(バイトで)、手抜きですが。
 せいぜい30分強しかかけておりませんが。

 しっかし先程のメールで「(父)今日、やっぱ夕飯要らない」ってどうよ?
 ――離婚してやろう。と決意する妻の気持ちが解りました(大嘘)。
 ま、こんなこともどーせ、いつものことですけれどねー! 所詮、仮面家族さっ(違)。

 ってなワケで、家出してやります。夕飯食べてから、学校行ってきます(笑)。


 以下、私信です。望月さまへ。
 コメント有難う御座います!
 詩や短文は、暁の憧れというか手の届かないものと言うか(笑)、
 とにかく書いてみたい!っと思いつつも、描けないのですよー。
 
 しかし望月さまの短歌、凄いですね!!
 素敵なウタに、惚れ惚れです。目の前に情景が浮かぶようですね~!
 しっかしこのウタを読んで、そんな月明かりの下で紡がれる物語を
 書きたいな、と思ってしまう辺り、やっぱり暁ってば小説書きなのかも(笑)。
 詩的なものは、本当に描けないのですよー。羨ましいです!!
 「好きな景色と、絶対使いたい好きな言葉を決めておくと――」との
 お言葉に感動しました。おぉ、何やら何か書けそうな気がしますね!(気のせい?)
 ちょっと今度、是非とも試してみます! 有難う御座いますね。

 それから口調についてもコメント、有難う御座います!
 お……大人っぽいですか!? えぇと、意外なお言葉ですが(本人は
 何処ぞの子供ちっくな口調だなと思っているので)、嬉しいです~。

 ではでは、いつもお付き合いくださいまして有難う御座いますね。
 長々と失礼しました。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。