• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 秋の空 青みを超えて 飛んでゆく


 ……季語は入っておりますよ? (←俳句だと言い張りたいらしい)
 まぁ、文章のセンスの無さは自他共に認める折り紙付です。
 青い空を超えて、宇宙まで逃げ出す勢いで逃げ出してますと言う句です。
 突っ込みどころはいっぱいあると思いますが、ご容赦ください(何を)。

 えぇと、脳がとろけております(あ、文章を見たら解ります?)。
 何気にバイトが続いております。何故か筋肉痛になりました。
 しっかしそんなことより、英語が全く頭に入ってこないです。
 あぁぁぁぁ、とりあえずアレは読み終わらなきゃならないのに……。
 そしてそっから、ちょっと勉強して画像を集めてパワポを作らなきゃなのにー。

 まぁ、パワーポイントの方はやる気になろうがならなかろうが、
 とりあえずやれば終わりますが、英語は最近、何時間机についていても
 一行も読み進められないと言う穴にはまっております。言語はどうやら
 やる気にならないと何も進まないらしいです。ビックリです。
 質より量がモットーの、とりあえず机についときゃ勉強さ……が
 昔からの暁のやり方だったのですが、どうやら英語には適用されません。

 くっそ。頭の中は執筆中の長編でいっぱいだってのに(←これが原因か)。
 んんんんんんー。逃げてばっかでどうするつもりだろ、暁。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。