• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ――とりあえず、休みの多い会社に入って遊べればオッケーさ。
 なんて言っていると、「それで良いのか」なんて突っ込みが返ってきました。
 そう言われると多少は心が痛みますが、まぁ、それで良いのです。
 だって遊びたいんですもん(←悪い大人の見本だな)。


 暁は、社会の歯車になれればそれで良いと思っております。
 歯車と言うと何やら悪いイメージに取られそうですが、それぞれが
 噛み合わないと社会は機能しないと言う点では、歯車も重要でしょう。
 まぁ、規格さえ合えば、どんな歯車(人物)でも良いという点を鑑みれば
 重要度は下がる気はしますが、そもそもその人にしか出来ない仕事
 なんてそうそう無いですよ。たとえ、暁が世紀の大発見をしたとしても、
 それが真実ならばいずれ他の人が発見するでしょうし、大発明をしたと
 しても、それが有効ならば暁が発明せずとも、いずれ社会が付いてくる
 でしょう。結局、それらも歯車の一つでしかないのではないかと。

 勿論、誰でも出来る仕事だからやりたくない、と言うわけではなく。
 誰かがやらなければならない仕事だから、自分がそれをやれば良い
 ――と言うのが、後ろ向きだか前向きだか解らない暁の就労観です。
 だって所詮、仕事は仕事ですよ。金を貰って生活の為にやるわけです。
 幾らやりがいがあろうと楽しかろうと、金を費やしてまでやる趣味には
 敵わないでしょう。ってワケで、暁は一生、趣味人を自負する所存です(笑)。
 
 だいたい、自分にしか出来ないことをやりたいなら、芸術が一番でしょう。
 絵でも詩でも音楽でも小説でも何でも良いですが、それらは絶対に、
 自分にしか作れません。暁の書いている拙小説だって、自分以外の人間は
 書けないものでしょう。たとえどの世界を探しても、何百年経っても、
 自分以外にそれを作れる人間はいない――と考えるのは、自己満足ですが
 楽しいです。それを作る意味はあるのか、と聞かれれば耳が痛いですが
 まぁ、楽しいから良いのではないかと。だって趣味だし。


 ……ってなわけで。長々と書きましたが。
 要するに「就職活動なんかやりたくないよー。小説を書きたいよー」
 と言う欲求を自己正当化するための言い訳でした(笑)。
 あ、でもこれって、就職活動の代名詞である「自己分析」と言う奴でしょうか。
 よし、そう言うことにしておきます。

 しっかし、そんな詭弁よりも目の前の勉強がやばいです。
 英語が溜まってるんですよっ。それから、TAの資料を作らないと?
 とりあえず、英語の教科書を読み終わるまで、小説は封印しましょー
 (折角、長々と小説を書くことを正当化したのに(涙))。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
originality
SATTO | URL | 2006-11-22-Wed 18:32 [EDIT]
確かに、その人しか出来ないのは、芸術かも。

さらに、あたしも社会の歯車になれればいいや。ってのは同感。

んで、その歯車が、潤滑油なしにくるくる回るところがいいのw(←わがまま)

でも、休み、必ず取れるところがいいよね…そんなことは、志望業界では不可能かもしれないけどもさ。希望だけは持ってたいです。
歯車
| URL | 2006-11-23-Thu 17:36 [EDIT]
 いやぁ、sattoはぶんぶんと歯車を回す側でしょう(笑)。
 暁はがらがらと回されてるから。

 やっぱり断固、週休二日で(笑)。
 五時に帰らせろとは言わないからさー(何様)。
 でも確かに、暁たちの志望業界では難しいよねぇ……。

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。