• 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日、バイトから帰ろうとしていると、入り口にいた警備員さんの
 無線が鳴りました。

 『女装した男性が女子トイレに侵入。至急、向かってください

 隣を通ろうとしていた暁は、思いっきり警備員さんと目が会い、
 二人で苦笑。「いやぁ、変な人がいますねぇ」「良くいるんですよぉ」
 なんて、思わず世間話をしてしまいました。

 以前はエステやら岩盤浴やらも入ったスーパー銭湯で働いていたのですが、
 そこでも女装した男性(昭和の女な格好をして、かなり胸のある方)が
 女湯の脱衣所に入って警察沙汰になったりしてました。
 それ以外にも、男性用のお風呂で三メートルほどの壁をよじ登り、
 女湯を覗こうとする人が続出したりとか。

 ……人間の煩悩ってそれほど罪なものなのですか。ねぇ。
 そこまでして覗かなくても。そんなことで警察沙汰になりたくないです。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
SATTO | URL | 2006-09-10-Sun 00:32 [EDIT]
女装って…(苦笑)
桜塚やっくんばりの可愛い顔だったらばれないのかしら?
(んな問題じゃないよね・汗)
| URL | 2006-09-10-Sun 15:50 [EDIT]
 やっくんだったら、絶対気付かれないでしょう(笑)。
 だって可愛いですもん。
 しっかし、本当は女装した男ではなく、男っぽい女だったらどうするんだろう……(笑)。どうやって男ってばれたんかね? 不思議です。

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。