• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 学校に来ました。ほとんど、一ヶ月ぶりなんじゃないでしょうか。
 何だか浦島太郎な気分です。皆様忙しそうにバタバタと動いており、
 何やら暁は完全に取り残されております。どうしましょう。

 ……といっても本来ならば夏休み中ですので、別に来なくても
 責められるもんじゃないのですが(って研究は?)、何とはなしに
 後ろめたいです。ごめんなさい。すみません。……ですが、暁の
 頭の中では小説が四本ほど同時進行で進んでおり、それを消化するのに
 忙しいんですよっ(阿呆か)。

 と。小説関連でどうでも良い事なのですが、暁の書く文章(小説)って、
 一人称になるのか三人称になるのかが自分でも解りません。いや、別に
 どちらでも構わない(支障は無い)のですが、何となく気になってしまって。
 誰か、良かったら教えてくださると有難いです。
 
 まぁ、とりあえず今からは論文でも読む事にしますか。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。