• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : 未分類
最近のゲームって……
DATE : 2006-08-28-Mon  Trackback 0  Comment 0
 テストも終わったし、体調も芳しくないし……と言うわけで、
 今日は一日、ゲームに興じておりました。「ベルウィックサーガ」
 と言う、マイナーなゲームです(失礼な)。普段はあまり、一人で
 テレビゲームをすることは無いのですが、これは小難しいと言うか
 面倒な感じが気に入っているのですよ。
 
 しっかし、最近のゲームって、怖いです。
 前作で「日和やがって」なんて台詞が出てきた時も、今時の子供に
 こんな言葉が解るのか? なんて思ったものですが、今作は情勢が
 複雑すぎて全く覚えられません。何の為に戦っているのかがさっぱりです。
 
 ってこんなことはどうでも良いのですよ。怖いのですよ、怖い。
 何が怖いってですね……。
(主人公の)公子に、ある誠実そうな男性が
 「彼女を取り戻してくれ
 と言う頼みを持ってくるわけですよ。何やら長い話だったので
 飛ばしたかったのですが、仕方なく聞いてやると、どうやら
 金にモノを言わせた貴族が彼女をぶん取ったらしいのです。
 
 彼や家族は当時は、まぁ、何やら色々とワケがあって(忘れましたが)
 彼女を手放さざるを得なかったようなのですが。今になって
 その嫌な貴族から救い出さねば、と思ったらしいです。で、結局。
 その貴族と一緒に戦場に出ているらしいから、捕り物網で彼女を
 「問答無用で捕獲してきて欲しい(←怪我をさせたくないらしい)
 とこちらに泣きついてきたわけですよ。

 ――そんな厄介な仕事を公子様が受けなくとも良いとは思うのですが、
 色々な人の頼みごとを聞くと貴重なアイテムとかをもらえるので、
 とりあえず彼女を捕獲しに行ったのですよ。彼女もその貴族も強いので
 大変でしたが、何とか彼女を捕獲……もとい、確保し、貴族をやっつけ
 ることが出来ました。貴族の方は死に際に「最後まで無様だな…私は…
 などと呟いてましたが(このゲーム、敵キャラでも味方キャラでも、
 必ず一言言い残して死ぬのですよ)、まぁ、それはそれとして。

 彼女を渡してやると、当然ながら彼のほうは感謝してきたのです。


 ――って、ここで物語が終われば良いと思いません?
 後から主人公達が殺した貴族の男の遺品が出てきたのですよ。
 それはこちらが攫った彼女に贈る為の品物で、「こんなものしか
 あげられないけど……」的な手紙が添えられていたのですよね。
 読んでみると、どうやら彼は、彼女のことを本気で愛していたようです。
 しかも彼は、悪い貴族に言い寄られる相思相愛の彼女と一緒になるために
 功を急いでいたらしい。……って、オイ。

 「……もしかして、頼みに来た男が言い寄っていた貴族(悪役)?

 と、気付いたときには時既に遅し。
 引き渡した男は彼女を連れて行方をくらましているし、
 何やら泣ける文面で愛の告白をしている男の方は、主人公が
 (と言うか暁が)あっさりと殺しちゃったし。


 ……軽く、傷ついたのですけれど。ってか後味悪すぎです!
 トラウマになりますって。「あぁぁ、何て事をしてしまったんだ!」
 と(たかがゲームで)凄く後悔しましたよーーー。

 ……ってことで、怖いです。ゲーム。
 気が付くと恐ろしいほどの時間が経過しているのも怖いですしっ(関係なし)。
 
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。