• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本心を口にするのは酷く難しいです。
 社交辞令や美辞麗句はいくらでも言えるくせに。
 そして軽口や言わなくとも良いことはいくらでも言えるくせに。
 言わなければならないことや言いたいことは言葉になりません。
 声になりません。……どうしても。

 別に、無理をして生きているわけではないのですけれど。
 自分を飾って生きているつもりも、偽って生きているつもりも無く。
 自分らしく自然体で我が侭に生きていると思っているのです。
 これが私だと言ってしまえる程度に、
 自分を偽り続けているのかもしれませんが。
 だから社交辞令や軽口や世間話以外の話をするのは本当に苦手です。

 反対に、想いを文字にするのは好きです。
 声にならない想いも、言葉にならない感情も、文字と言う記号に
 置き換えられば、単純化出来るのですよね。思考という底なし沼に
 落ち込む前に、底のある記号に押し込められる。規格化出来る。

 ――雄弁に本心を語れるのは文字だけなので。
 ブログを再開することにしました。
 とはいえ、気分屋で気紛れな暁です。ぼちぼちと気が向いたときに
 更新したいと思います。……って、初日から暗いなぁ(笑)。
 すみません、以後はもっとテンションの高い文章になると思います。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
TrackBack//URL
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。