青空の果て
 文字という記号で、心の中を映し出せれば
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 愛して欲しい
 ――だなんて言うつもりは無い。
 自分が愛される人間になれば良いから。


 
 他人の欠点ってほとんど見えないのですよ。人の良いところ
 ばかりが目に付いて、憧れて、眩しくて、打ちひしがれます。
 他人の良いところと自分を比べて、どうして自分はこんなにダメ
 なのだろうと思ってしまうらしいです。

 別に、人の振り見て我が振りなおす(とは少し違うでしょうが)
 と言う意味では、それも悪いことばかりでは無いでしょうけれど。
 が、全てを自分を引き合いにして考えているから、結局、他人の
 ことなどほとんど見ていないと言うのが暁です。いえ、他人の視線
 はかなり気にしますし、他人の気持ちを慮ろうとはするのですが、
 それらは全て、「自分が如何にして振舞うか」と言う指標にしか
 なっていないような気がしてなりません。

 皆に愛されたいと考えてしまう暁ですが、「愛して欲しい」のでは
 なく、「愛される自分になりたい」のですよ。だから相手に「愛して
 欲しい」と期待するのではなく、「愛されるためにはどんな自分に
 なれば良いのか」ということしか考えておりません。それはやはり
 相手を見ていると言うよりは、自分本位である気がするのですけれど。

 完璧な人間になれば、皆に愛されると思っているのですよ。そして、
 皆に愛される完璧な自分になりたいのです。しかし、暁はどうも
 他人と言うのは自分を成長させるための存在として見ているらしく
 そうすれば自分が完璧になれば、他人など必要なくなるような。
 パラドックスです。どうしましょう。

 ……と、いつも意味の解らない文章をスミマセン。
 何やら人として最低なことを書き連ねておりますが(笑)、これに
 矛盾した考えも暁の中には沢山あるので、そんなにヒドイ人間では
 ないと信じたいです。ま、色々なことを考えるのは、小説を書く上では
 必要ですよねー。頭の中で常に矛盾が渦巻いてカオスを形成している
 のも、きっと長所でしょう、長所っ(無理やり)。


 ときに、よーやく。
 英語(論文)から離れ、データを解析出来るようになりました。
 もう、かなり嬉しいです。扱うデータについての説明が英語で
 書かれていると言う事実(涙)を除けば、幸せです。
 ようやく、部屋の電気を消して眠れそうです(英語を読んでいると
 いつも途中で(序盤で?)電気をつけっぱなしで寝てしまいます)
スポンサーサイト
 会社に勤めていらっしゃる先輩の会社メールから、メールがありまして。
 返事をしようとしたところ、何故か、先輩のメール文をそのまま突っ返して
 しまいました。いや、返信の文章を考えていたつもりが、何気なく送信ボタンを
 押してしまったのですよ(何故)。大慌てでその謝罪文と先輩の言葉への
 返信とを考えて、大慌てで再度の送信をしましたが。

 ……その、文章の酷さに自分で凹みました。
 いくら慌てていたからって、もっとまともな文章が書けるでしょうよ。
 先輩、ごめんなさい。見知らぬ先輩ではなく、去年まで研究室にいた先輩
 だったのでまだ救われますが(そうか?)、どんだけ阿呆な後輩だろ、暁。
 あぁぁぁぁ、へこむなぁ。


 ふぅ。……ってことで、とりあえず教科書に戻ります。
 
 単に内容が理解出来ないだけだと、今頃気付いた暁です。
 英語が読みたくないのではないらしいです。単に、内容が頭に
 入ってきません。その証拠に、研究に直結する文章については、
 すらすらと面白く読めますもん。

 ……って、結局進まないのには代わりが無いので、何にも解決には
 なってませんが。とりあえず、パワポでも作ってきます。
 秋の空 青みを超えて 飛んでゆく


 ……季語は入っておりますよ? (←俳句だと言い張りたいらしい)
 まぁ、文章のセンスの無さは自他共に認める折り紙付です。
 青い空を超えて、宇宙まで逃げ出す勢いで逃げ出してますと言う句です。
 突っ込みどころはいっぱいあると思いますが、ご容赦ください(何を)。

 えぇと、脳がとろけております(あ、文章を見たら解ります?)。
 何気にバイトが続いております。何故か筋肉痛になりました。
 しっかしそんなことより、英語が全く頭に入ってこないです。
 あぁぁぁぁ、とりあえずアレは読み終わらなきゃならないのに……。
 そしてそっから、ちょっと勉強して画像を集めてパワポを作らなきゃなのにー。

 まぁ、パワーポイントの方はやる気になろうがならなかろうが、
 とりあえずやれば終わりますが、英語は最近、何時間机についていても
 一行も読み進められないと言う穴にはまっております。言語はどうやら
 やる気にならないと何も進まないらしいです。ビックリです。
 質より量がモットーの、とりあえず机についときゃ勉強さ……が
 昔からの暁のやり方だったのですが、どうやら英語には適用されません。

 くっそ。頭の中は執筆中の長編でいっぱいだってのに(←これが原因か)。
 んんんんんんー。逃げてばっかでどうするつもりだろ、暁。
 ――とりあえず、休みの多い会社に入って遊べればオッケーさ。
 なんて言っていると、「それで良いのか」なんて突っ込みが返ってきました。
 そう言われると多少は心が痛みますが、まぁ、それで良いのです。
 だって遊びたいんですもん(←悪い大人の見本だな)。


 暁は、社会の歯車になれればそれで良いと思っております。
 歯車と言うと何やら悪いイメージに取られそうですが、それぞれが
 噛み合わないと社会は機能しないと言う点では、歯車も重要でしょう。
 まぁ、規格さえ合えば、どんな歯車(人物)でも良いという点を鑑みれば
 重要度は下がる気はしますが、そもそもその人にしか出来ない仕事
 なんてそうそう無いですよ。たとえ、暁が世紀の大発見をしたとしても、
 それが真実ならばいずれ他の人が発見するでしょうし、大発明をしたと
 しても、それが有効ならば暁が発明せずとも、いずれ社会が付いてくる
 でしょう。結局、それらも歯車の一つでしかないのではないかと。

 勿論、誰でも出来る仕事だからやりたくない、と言うわけではなく。
 誰かがやらなければならない仕事だから、自分がそれをやれば良い
 ――と言うのが、後ろ向きだか前向きだか解らない暁の就労観です。
 だって所詮、仕事は仕事ですよ。金を貰って生活の為にやるわけです。
 幾らやりがいがあろうと楽しかろうと、金を費やしてまでやる趣味には
 敵わないでしょう。ってワケで、暁は一生、趣味人を自負する所存です(笑)。
 
 だいたい、自分にしか出来ないことをやりたいなら、芸術が一番でしょう。
 絵でも詩でも音楽でも小説でも何でも良いですが、それらは絶対に、
 自分にしか作れません。暁の書いている拙小説だって、自分以外の人間は
 書けないものでしょう。たとえどの世界を探しても、何百年経っても、
 自分以外にそれを作れる人間はいない――と考えるのは、自己満足ですが
 楽しいです。それを作る意味はあるのか、と聞かれれば耳が痛いですが
 まぁ、楽しいから良いのではないかと。だって趣味だし。


 ……ってなわけで。長々と書きましたが。
 要するに「就職活動なんかやりたくないよー。小説を書きたいよー」
 と言う欲求を自己正当化するための言い訳でした(笑)。
 あ、でもこれって、就職活動の代名詞である「自己分析」と言う奴でしょうか。
 よし、そう言うことにしておきます。

 しっかし、そんな詭弁よりも目の前の勉強がやばいです。
 英語が溜まってるんですよっ。それから、TAの資料を作らないと?
 とりあえず、英語の教科書を読み終わるまで、小説は封印しましょー
 (折角、長々と小説を書くことを正当化したのに(涙))。
 何気にネットサーフィン中。
 英語の教科書、全然進みません。意味が解りません。
 だって意味が解らないんですもん。
 しっかし今週中に読み進めなければならないというこの事実。
 ネットなんか放浪している暇はないのですけれど。

 ……といいながら、サーフィン中(ネットサーフィンって言葉、
 そう言えば古いですか? ここ4・5年聞かないような(笑))
 に見つけた、バトンを掻っ攫ってきた阿呆です。勿論、見知らぬ人
 のブログにあったバトンです(笑)。だって面白そうだったんですもん!
 「暇な人、どーぞ★」って書いてありましたし……良いですよね。
 良いですか?(聞くな) しっかし、阿呆ですよね。

 ってわけで、ストーリーバトンです。……燃えるタイトルでしょ?(阿呆)
 
>>Read More
 なんてゲームソフトのCMが流れていた気がしますが、
 暁はあんなソフトに興味は無いです。全く。これっぽっちも。

 だって、英語は昔っから大嫌いなのですよ。
 勉強をしたくないがために、「一生、英語なんか使わないから良い
 んだよっ」などと大見栄をきっておった暁です。その頃は国語も
 大苦手で、「言語能力なんて、読み書きできれば十分だよっ」などと
 言っておりましたが、何を間違ったか阿呆みたいに小説を書いて
 おります。人生、何が起こるか解りません(オオゲサ)。

 ……ってなわけで、何故だか「英語漬け」な暁です。
 やっとこさ英語の論文を読んでまとめていったところ、次は英語の
 教科書を渡されました。意味が解りません。日本語で書かれていても
 どうせ何を書いてあるのか解らない(ダメだろ)専門書を、英語で
 読む意味が解りません。そして内容もやはり意味が解りません。
 読まなきゃならない文章が、どんどん英語で溜まっていきます。


 因みに上の文は、自分としては愚痴ではないのですがどうでしょう?

 読んで下さっている方がいるらしいこのブログで、愚痴を言うの
 は凄く申し訳ない気がするのですよ。しっかし面と向かって友人や
 家族なぞに愚痴を言うのも申し訳ないので、やはりブログで愚痴を
 言うしかないかな、と(笑)。ブログなら、見苦しければスルーできますし。

 ……それならば、公開しない日記で愚痴を言い連ねれば良いものを、
 それでもここに書きたくなるのはやはり誰かに訴えたいのですかねー?
 あ。でも、今日のは愚痴じゃないですよ。
 単に現状を訴えただけです(涙)……ってこれが愚痴か(笑)。
 書きたくて書きたくてたまらないです。
 いや、書いてるんですけれど。さっさと終わらせたいんです。
 他にも書きたい短編がたくさんあるし。

 しっかし、読まなきゃいけない論文も沢山あるよーな?
 ってか読んでいる論文が意味がわからなすぎて困ります。
 あぁぁぁぁ、とりあえずさっさと読んで、小説を書きたいです。
 どうもどうやら、暁ってばナルシストらしいです。
 いえ、自信家では無いのですよ。ただ自分が大好きなだけです(危)。
 卑屈な劣等感は常に抱きまくっておりますが、自己中心的な世界の中で
 の中心は自分じゃないですか? だって自分が中心なんですもん。

 ……と、のっけから失礼(本当に)しました。

 実は暁、何気に自分の書いた文章を読み直すのが好きだったりします(笑)。
 ブログも小説も、意外と良く読み直しているような。別に推敲をすると
 いうわけでもなく、ただ読んでいるのですよ。たまに読むと、意外に
 面白いんじゃないかと思ってしまう暁って、やはりナルシストですか(笑)?

 いや、だって。ブログの文章はいつも気分で手が勝手に書いているので、
 読み直すと「おぉ、自分ってこんなこと考えてるんだ」と驚いたり
 しますし、小説は自分の書きたい人間やら世界を書いているわけじゃ
 ないですか。元々、自分好みの小説を探すよりも、自分で書いてみよう
 と思って書き始めたような気がしますし、とりあえず好みではあるの
 ですよ。巧い下手はともかく。……巧い下手はともかく(苦笑)。

 ってなわけで、自分の昔の作を読み返している親バカは暁だけでは
 ないと信じたいです。だってだって、自分で読んで面白みも何もない
 文なら、公開するのも申し訳無いじゃないですか。書くのは文句なしに
 楽しんでおりますが、読むのもせめて少しは楽しくないと。

 ……と。ナルシストだと言われたので、必死に言い訳してみました(笑)。
 ま、実際は。文章以外でも文句なしにナルシストですけれどね?
 今日も今日とて、暁が普通の人間並みの生活をおくれるのは
 ひとえに昔に取った杵柄によるものかと思われます。

 しかも昔も昔、中学生の頃にやったガリ勉&部活動への打ち込みに
 よって、今の暁の学力や運動神経が培われているのではないかと
 邪推してみましたが、どうでしょう?
 だって、それ以後、まじめにスポーツも勉強もやった記憶が無いん
 ですもん。そもそも何をやっても他人様より遅れを取る性質の暁が、
 努力もせずにここまで生きてこられたこと自体が、奇跡に近いです。
 
 ……とはいえ、流石に中学レベルの学力&運動能力で自分が構成
 されていると考えると、ちょっと背筋が寒いものがありますね?
 いや、まぁ、運動能力は中学が文句無しに最盛期でしたけれど(笑)。
 ですがそろそろ(遅)、杵柄が古すぎて折れそうです。というか、
 気付かないフリをしておりましたが、多分、とっくに折れております。

 ヤバイです。そろそろ一念発起しなければならぬようです。
 運動神経はともかく、学力は根底から底上げを図らねばなりません。
 それから、真面目な優等生&厭世厭人&無常観を貫いていた中学
 時代に失った、コミュニケーション能力も取り戻さねば(笑)。
 って、どっちかといえば、後者の方が急務なよーな? 

 ……ま。とにかく、やることが沢山ありそうで嫌ですねー。
 もう、小説が書きたくてたまらないと言うのにっ(いつもですが)。
 昨日は、研究室で小旅行に行ってまいりました。
 「山登りがしたい」などと言う教授の鶴の一声で決まった
 登山旅行でしたが、生憎の悪天に温泉旅行に変更しました。
 登山が出来ないため、教授は当然「行かない」との一言(笑)。
 ま、気楽なメンバーでドライブに出かけました。

 とりあえず、目的地は教授オススメの温泉。
 行った事は無いらしいですが、オススメらしいです(謎)。

 紅葉の綺麗な山道のドライブ。悪天だったのですが、時々は心すく
 青空が仰げ、ドライブ日和といっても過言ではないかもしれません。
 しっかし、ぐにゃぐにゃの道をぐねぐねと車で登っていくので、
 暁の三半規管が悲鳴を上げます。しかも途中で寄った「吊り橋」も、
 高所が苦手な暁ならば吊り橋効果が望めるかと思いきや(何の為に)、
 そんな気分の高揚が追いつかないほどの、ぐらっぐらの揺れ。
 霧けぶる紅葉の谷。そこに流れ落ちる白い滝……と、この上ない絶景を
 前に、眩暈が止まりません。何であんなでっかい橋が揺れるんですか。
 
 そして、温泉です。乳白色で硫黄臭が酷い(ォィ)温泉です。
 手元も見えないような濁り湯で気持ちよかったのですが、お風呂って
 苦手なのですよー。すぐにのぼせます。くらっくらです。車酔い&
 橋酔い(何だそれ)が一気に舞い戻ってきたくらいのぐらぐらです。
 しかも硫黄の匂いがずっと取れません。帰ってシャワーを浴びたのに、
 寝る時まで硫黄くさかったです。うなされました。

 そんなこんなで、くらっくらの一日でした。
 ……って、暁。旅行記なんかの執筆って、絶対に向かないよーな。
 実が描かれていないせいか、旅情が感じられませんね?(笑)
 温泉に入ってきました。
 ……体中が硫黄クサイです(涙)。
 「面白そうな論文、探しておいで」
 ――なんて言われましたが、どんな論文も面白そうじゃないですよ。
 そもそも読み物として、ノンフィクションって苦手なんですよねー(違うだろ)。

 ってなわけで、最近は論文を探すことに終始しております。
 要領が悪いのか何なのか、中々、面白そうな(研究に使えそうな)
 論文が見つからず、ずっとPC上でアブストを斜め読みしていると
 すっごく目が痛くなります。英語のテキストって、日本語よりも
 密度が濃くて読みづらい気がするのは気のせいですか?
 ……まぁ、たぶん、読めないから読みづらいだけですけれどっ。
 目が疲れると頭痛がしてくるから嫌いです。小説を書いているときは、
 どんだけPCを見てても疲れないのに~(精神的な問題か?)。

 とはいえ。凄く不真面目に過ごしておる昨今です。
 こうも人間、堕落しても良いのかと自らに問いかける日々(そんなに?)。
 やばいです。研究なんかやってる場合じゃないです。って、一番、
 差し迫ってヤバイのは研究ですけれど。しっかし研究なんて、どうせ
 暁の人生において大した意味もありませんしねぇ(ォィ)。
 それよりも、人生の転機たる就職活動が……気付けば迫っているような。
 恐っろしいです。流石にそろそろ、社会に出なければならないようです。

 ってわけで、今日から真面目になります(何度目の台詞だろう)!
 遊ぶのはいつでも出来ますが、研究&就活は今しか出来ませんしねー。
 とはいえ、小説を書かなければ死んでしまうので(←阿呆)、
 とりあえず手始めに睡眠時間を削る方向性で如何でしょう(←馬鹿)?
 なにやら、ブログを書く気分でもないのですが何となく更新。

 えぇと、今日は金を使ってまいりました。
 服やら靴やらを買って、プチご満悦です(笑)。昔は、金を使う
 ことに罪悪感を感じると言うか、金を使うとストレスが溜まると
 言うか、何かそう言う難儀な性格だったのですが。最近では、
 細かい買い物をするのが好きになりました。安い物をガンガンと
 買うのが好きです(安物買いの銭失いとはこのことです)。
 
 そうして服やら靴やらに浪費をしておきながら、帰りに寄った
 スーパーでは、「豚肉の切り落としがグラム118円なんて有り得ない!」
 とか何とか不平を洩らしていた暁です(笑)。何故か弟が、この
 秋も深まった時分に「冷しゃぶが食べたい」などと言い出したため、
 買わないわけにはいかなかったですけれど。お蔭で、夕飯の材料
 だけで、1000円も使っちゃいましたよっ(どんだけケチなんだ)。

 まぁ、節約なんかをしなくとも、毎月バイト代の半分も使わないため、
 勝手に金は溜まるんですけれどね。
 ……って親のスネをかじりながら言う台詞じゃ無いな(笑)。
 ぼんやりとしか映っていなかった世界が、シャープになる。
 ――もし空を見上げたなら、そこは青かったかもしれない。



 気分が沈んでいる時は、空が暗いのですよ。比喩でなく、空が
 灰色に見えていた時期がありました。それから、気分が重い時は、
 本当に胸が苦しいらしいです。普段は気付かないのですが、たまに
 悩みがない時は、すっごく胸が軽く&呼吸が楽になるのですよね。
 
 脈絡無く「人生って楽しいじゃん!」と気付いてしまってから、
 本当に悩み全てが些事のように思えてきました。凄く気が楽です。
 たまに、こんな時期があるのですよねー。気分屋の為せる業でしょうか。
 ま。どうせ、半月もしないうちに「生きるって何だろう……」などと
 言い出すでしょうが(笑)、しばしの幸せを満喫するとします。

 以下、HPに設置したアンケートについて。
>>Read More
 自分と世界との距離を知っていくことが
      年齢を重ねるということなのかもしれない

 えぇと、毎日毎日、意味の解らない文章↑を載せておりますが。
 そのときの気分で適当に、自作小説から抜いたものが多いです。
 今日の気分は、「あぁ、大人になったなぁ」ってな感じでしょうか。

 これは詩など全く書けない暁の、ささやかな挑戦です。
 暁の文章って、一から十まで書くのが長所であり短所なのですよね。
 自身の文章力に自信が無い為、最初から最後まで事細かに描写しないと
 他人には伝わらないのではないかと思ってしまいます。しっかし、
 そうするとどうしても文章がくどくなるのですよねー。

 ってなわけで、挑戦です。
 短い文章が、人の心に届く文章となりうるか否か。
 ……なーんて思っていたのですが、「あぁ、大人になったなぁ」
 なんて言葉、届けられたところで困りますよね(笑)。
 あぁぁ、文章にセンスが無いなぁぁぁぁ。

 因みに文章のセンス以前に壊滅的なのは、美的センスです!
 今日はバイト先でレイアウトに使う料理を盛り付けていたのですが。
 色合いや形などを綺麗に見せようと試行錯誤しているのに、どーして
 こんなにヒドイのさ? と泣きたくなるような出来でして(涙)。
 美術の成績がクラスで最下位だったのも頷けます! だって何色を
 塗ったら良いのかとか、どっちに書けばバランスが取れるのかとか、
 全く解らないのですもん。センスが致命的に皆無です。

 HPも、トップ画像やらレイアウトやら変えたいのですが、全く
 イメージが浮かびません~~~。いじればいじるほど、何処が悪いか
 解りませんが、どんどんと酷くなっていきます。誰か助けて……。
 もしも何の苦痛も無く、この身を消すことが出来るのならば。
 ――今、消えてしまっても構わない。

 
 暁ってば、誰が何と言おうと、気分屋です。
 いえ。誰も異論を唱えないでしょうけれど、とにかく気分屋です。

 昨日、ふと。
 ――やばい、人生って楽しいじゃん?
 などと唐突に思ってしまったあたり、気分屋なのではないかと
 思ってしまいました。いや、別に何があったわけではないのですよ。
 お風呂に入ろうと服を脱いでいる途中に、ふと。「人生、楽しいな」
 なんて思ったわけです。別に原因も理由も何も無いのですが。

 最近はずっと、このブログの冒頭の二行のような気分だったにも
 関わらず、いきなり人生の楽しさに目覚めてしまったらしいです。
 まぁ、人生、楽しまなきゃ損ですよね。
 この気分がどこまで続くのかがミモノですが(笑)。

 それはそうと、今さっき。自宅電を取ると。
 「あ、暁? いるなら良いや。今から行くから!」
 などと言う謎な電話がありました。今から行くって……家に来るって
 ことですか? っていうか、全く名乗りませんでしたが、たぶん
 伯母さんだと思うのですが、違ったらどうしましょう(笑)。
 年に1・2回聞くだけの声を聞き分けろって、中々無謀な注文です。
 一応、部屋着から外着に着替えてみましたが……何しに来るのさ?
 
 ……しっかし、意外と来ないな。
 ――生きると言うことは。
 そうやって、もがき続けると言うことだ。


 ときに。ここ数日間で、かなりのカロリーを摂取しました。
 お蔭様でいつもはいているジーンズがキツイです(笑)。
 久しぶりにあった友人に、「痩せたねっ!?」と言われた
 ばかりなので少し寂しいです。因みに、摂取したカロリーとは
 反対に、お金は湯水のように消費しました。折角、来る冬に備えて
 身体には皮下脂肪を蓄えたというのに、懐は寒いです。
 ……まぁ。久々にぱーっと遊べたので、楽しかったです!

 ときに。明日から三連休だというのが、かなりの誤算でした。
 世での休日は、暁のバイト日なんですよねー。明日は一日中、
 のんびりと小説でも書く予定だったのですが、11時~20時
 までなんてロングなバイトが入っておりました。ショックです。
 ……まぁ。いい年をして遊んでないで、そろそろ真面目に生きろと
 言うことでしょうか。そろそろ、真面目に生きることにします。
 
 ときに。最近、カラオケに行くと、途中で声が出なくなるのが
 悲しくてなりません(笑)。昔は3時間くらい歌ってようやく本調子、
 と言う感じだったのに(どんだけ歌う気だ)、歌いすぎて喉がつぶれる
 ことなんてなかったのに、最近はキッツイんですよね~。元々、音痴
 なのに、更に下手になっちゃいます。一緒に行く方(こちらは歌が
 巧っいので)が、聞くに堪えないんじゃないかと心配しておりますが。
 ……まぁ。本人が楽しいから良いですよね? 良いですよ(自己肯定)。

 ときに。よーやく京極夏彦さんの新刊が手に入りました。
 何軒も本屋を回ったのですが、何故か何処にもおいてなかったのですよ。
 ……まぁ。読む暇があるかどうかは謎ですが(暇があれば、寧ろ小説を
 書きたいような)、手に入れたと言う事実だけで顔がにやけちゃいます。
 時間があるときにでも一気に読みたいです。
Copyright © 青空の果て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。